熱中症の症状で吐き気や下痢と腹痛?対策方法とは

猛暑になると熱中症になる子供なども多く出てきますが、症状で吐き気や下痢または腹痛が出るので、日頃の対策が必要です。


ここでは対策方法や対処法などを紹介するので、気になる方は見てください。

最初に熱中症の症状である吐き気や下痢について説明して、次に治療方法と対策する方法を挙げていくので上手く活用してみくてださい。


熱中症の症状


熱中症は炎天下の中で激しい運動や重労働な作業をしていると体が極端に暑くなり、体に含まれている水分や塩分が足りなくなってきます。

その結果、体温が上昇する症状や吐き気、下痢、腹痛などの症状が現れます。

また高齢者や子供は熱中症の発症を予防するため室内にいる事が多いですが、実際に室内も温度が高いので、逃げ場はないでしょう。

熱中症の症状である吐き気、下痢、腹痛はそこそこ重症です。

例えばまだ症状が軽症な時は立ちくらみや大量の汗などが出ますが、中症なら腹痛、下痢、吐き気、頭痛などの異常が現れる事となります。

熱中症が重症になると意識が無くなったり、体が痙攣したりします。

これらの症状は体にあるミネラルが足りなくなり発症する事があり、水分と塩分を日頃から摂取しなければ熱中症に掛かってしまいます。

また熱中症以外に夏バテになる事があるので、ビタミンB1が必要となります。

ビタミンB1は疲労回復や食欲増進などの効果を持ち、炎天下の中を動くと疲れる方が多いため、とても必要な栄養となります。

そのため熱中症の症状を抑えるだけでは、対策は充分とは言えないでしょう。


スポンサードリンク


熱中症の対策方法


今から熱中症を対策する方法を紹介していくので、日頃から実践していくと予防効果に期待出来るのでおすすめします。

熱中症の対策方法

水分を小まめに取る
豆腐や肉類を食べる
キウイやレモンを食べる
塩分を毎日摂取する

以上が熱中症対策に有効なので是非お勧めします。

ほとんどの方は喉が渇いたなぁと感じたら水を飲もうとしますが、実際にこれは誤った水分補給の仕方で、渇いたなぁと感じた時には既に手遅れです。

そのため水分は1時間1回ほどの頻度で摂取した方が良いでしょう。

また豆腐や肉類は熱中症の症状を防ぐのに有効で、これらにはビタミンB1が含まれているため、夏バテを防ぐので元気のない方に食べさせましょう。

日光の強い夏にはビタミンCも必要なので、キウイやレモンも摂取しましょう。

もちろん熱中症の症状で吐き気、腹痛、下痢などがある時は摂取は控えて、1日の塩分必要量6gとされているので、これを目安にしましょう。

ちなみに日本人がよく飲む味噌汁は1.5gの塩分を含んでいます。

しかし、専門家が言うには日本人は塩分の摂取量があまりに多いという意見があり、熱でもいつも通り過ごしていれば良いという方もいます。

なので、塩分全然取ってないという時以外は大丈夫でしょう。


スポンサードリンク



熱中症の意外な対処法


もし炎天下の中、立ちくらみや異常な汗が出る時は無理せず影のある涼しい場所に移動して、水分補給をする事を心掛けましょう。

ここでの注意点はお茶を飲ませてはいけない事となります。

なぜなら熱中症は塩分の不足で起きる病気でもあるため、お茶に含まれている 「カフェイン」は塩分や水分を排出するため、症状を悪化させてしまいます。

それ以外に吐き気、下痢、腹痛も悪化するので、絶対に止めましょう。

つまり水の代わりにはならないのが特徴で、コーヒーはお茶よりもカフェインが含まれているため、こちらも飲ませると症状が悪くなるので注意が必要です。

もし熱中症で意識を無くした方がいる時は、すぐに救急車を呼びましょう。

また吐き気、下痢、腹痛などの症状がある時は食事を摂取するのは控えた方が良く、どうしても食べたい方はお粥や梅干などにすると効果的です。

吐き気や下痢の症状で汚物を外に出した時は水をしっかり飲みましょう。

人間の体の60%は水分とされていて、吐き気や下痢などで汚物が出るのと同時に水分が外に出て枯渇状態となるので、いつも以上の水分補給が大切です。

また熱中症の症状で腹痛がある時はお腹を反時計回りに撫でると良いです。

この方法をすると腹痛の痛みを抑える事が可能で、こういう時は無理をして動くと悪化する事があるので、安静に出来る場所で横になりましょう。

以上で熱中症の症状について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ