右頬と左頬ニキビの原因!改善方法とは

ニキビが出来る箇所によって原因が異なるとされているのはよく聞きますが、右頬と左頬ではどのような違いがあるのか、気になりますよね。


9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s


今回はこの二つの部位を改善する方法を紹介したいと思います。

最初に右頬と左頬にニキビが出来る理由について説明して、次にそれぞれの箇所に有効な方法を解説していきます。


右頬ニキビの原因


この部位にニキビが出来る原因は右頬も左頬も両方に言える事はホルモンバランスの乱れが影響している事が多いとされています。

特に思春期の頃に右頬か左頬にニキビが出来ている人は多いと思います。

これは男性ホルモンが増えて女性ホルモンが減少した事による影響で、このようになってしまうと皮脂が過剰に発生してニキビが出来る原因となります。

その他に胃腸の荒れ、食べ過ぎ、便秘なども原因として考えられます。

胃腸の荒れが右頬ニキビを生み出す理由は、腸内と皮膚は繋がっている事が関係していて、皮膚は腸内を表す鏡とされている理由となります。

特にお腹を壊した時や食あたりになると発生する原因になってしまいます。

食べ過ぎも右頬ニキビを生み出す事が分かっており、これは消化に負担を大きく掛けて、最終的に腸内を疲労させて機能を落としてしまいます。

すると皮膚が荒れて原因となってしまうので、注意が必要です。

その他に便秘も右頬ニキビに関係があり、食べた物を排出しないと要らない成分が体に入ったままだと老廃物が体に現れやすいです。

治したい人は便秘を改善する事も頭に入れなければなりません。


スポンサードリンク


左頬と右頬ニキビの違いとは


右頬や左頬どちらか片方にニキビが出来るケースがありますが、これは寝ている姿勢が原因として考えられています。

例えば左を向いて寝る人や右に向いて寝る人など分かれる事があります。

私たちが日頃から使っている枕やシーツは頻繁に洗わなければ、雑菌が繁殖してしまいそこに右頬か左頬をくっ付けるとニキビが発生してしまいます。

つまり右頬と左頬に分かれてしまうのは寝る時の方向で変わってくるのです。

そもそもこの二つの部位は原因は同じで片方だけ出来るというのは、枕やシーツが清潔ではないという事が簡単に分かるので改善は難しくありません。

枕やシーツを3日に1回の頻度で洗うとニキビの改善が早くなります。

また右頬も左頬も食事の荒れなどが原因と分かっているので、ファーストフードや惣菜などの体に悪いものを避けて生活しましょう。

外食は出来れば週1回の頻度にすると左頬ニキビの改善が早くなります。

その他に睡眠の質が悪ければ原因となるため、寝る前のスマホやパソコンなどは出来るだけ避けて、明日の準備でもすれば有意義な時間を過ごせます。

そうすると気持ちよく寝る事も難しくはありません。


スポンサードリンク



左頬と右頬ニキビを治す方法


先ほどの説明で左頬と右頬ニキビの原因は分かってきましたが、出来るだけ早く治したい方も多いと思うので、有効な方法を紹介します。

左頬と右頬ニキビを治す方法

トマトジュースを飲む
納豆や豆腐などを食べる
バナナやヨーグルトを食べる
夜食や間食を止める
お酒の飲み過ぎは控える

以上が右頬と左頬ニキビを治すのに有効なのでおすすめします。

トマトジュースは便秘を治して肌を綺麗にする効果から、治すのに有効な飲み物とされていて、オリーブオイルを少量混ぜて飲むとかなり効果が高いです。

またバナナやヨーグルトも便秘解消に有効なので、これらをお勧めします。

生理中の女性や思春期の男性に出る右頬と左頬ニキビはホルモンバランスの乱れが原因ですが、治すには男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを増やす事が大切です。

それにはイソフラボンを含む豆腐や納豆が有効です。

これらを食べると女性ホルモンを増やす事が出来て、生理の苦しみからも解放される効果もあるため、非常にお勧めできる食べ物です。

また夜食や間食は右頬と左頬ニキビの原因となってしまいます。

間食はまだ許せる範囲なので食べてもらっても構いませんが、夜食はさすがにきついので控えなければ治すのがとても難しくなってきます。

肝臓を弱めるお酒も原因なのでこちらも週2回ぐらいにした方が良いです。

もしお酒を多く飲みたいという人がいるなら飲む前にトマトジュースを飲むと肝臓の負担を減らす事が可能なので、そのようにすると良いでしょう。

以上で右頬と左頬ニキビの原因について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ