ニキビの原因は思春期のホルモンの乱れ!?治療方法とは

思春期の男女はニキビが出来る事が多く、好きな異性がいても顔をあまり見せたくないと考えてしまう方も多いと思います。


そこで原因となるホルモンバランスの治療方法を紹介します。

最初に思春期によく出るニキビの原因について説明して、次に生活習慣の問題とホルモンバランスの乱れを治す治療方法を解説します。


思春期ニキビの原因とは


若い男女にニキビが発生しやすい年頃は10~20歳の間とされていて、これらの年齢に当てはまる方は思春期とされているので、ホルモンバランスが乱れやすいです。

バランスを崩すと当然肌が荒れてニキビが発生してしまいます。

男性にも女性にも一定の割合でホルモンを持っていますが、男性ホルモンが過剰に増えるとトリグリセリドと呼ばれる成分が肌の角質を異常に増やします。

すると毛穴に角柱が出来て、皮脂が溜まる事でニキビが出来てしまいます。

思春期ニキビが出来る女性の場合、排卵から生理に掛けてホルモンバランスが乱れがちなので、発症しやすい特徴があります。

また食欲が減って情緒不安定な状態になるので、分かりやすいです。

思春期ニキビが出来ている男性の方でも激しい運動をしている人は発生しやすく、これは汗を拭かずにそのままにする事で、発生する事もあります。

そのためホルモンバランスだけが原因ではないのです。

もし思春期ニキビが出来てしまった時は、手で触るのは控えて、洗顔する際も激しくすると悪化してクレーターになるので絶対に止めましょう。

その後は規則正しい生活を送るとホルモンを整え改善出来ます。


スポンサードリンク


ホルモンバランス以外の原因


思春期ニキビはホルモンバランスの乱れが原因とされていますが、実際には生活習慣も関わっているため、全て体質に問題がある訳ではありません。

そもそもニキビが出来ている人は生活習慣が乱れている人が多いです。

原因として考えられるのはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがあり、これらを改善しなければ思春期ニキビを治すのは難しいでしょう。

特に学生の方は夜遅くまで起きて、LIENをしている方が多いと思います。

出来れば夜の11時には寝るのがおすすめで、夜にきちんと寝ていない方は皮膚の再生を促す事が出来ず、肌が荒れてニキビが出てきます。

これは思春期というより、大人にも言える事なので注意しましょう。

また偏った食生活で問題なのは、ファーストフードや外食などデートに行く際に食べる事が多いと思いますが、あれはとても肌に悪いです。

そのため一週間に1回ぐらいの頻度にすると良いでしょう。

特にビタミンCは肌にコラーゲンを与える効能があるため、思春期ニキビを作るのに必要なので、日頃から摂取しなければなりません。

以上の点からホルモンバランスだけが原因じゃないので注意しましょう。


スポンサードリンク



思春期ニキビを治す方法


今から思春期ニキビを治す方法を紹介しますが、この方法はホルモンバランスの乱れにも有効なので、是非やってみてください。

思春期ニキビを治す方法

夜は11時までに寝る
食事は20時以降摂取しない
納豆や豆腐を食べる
トマトジュースを飲む

以上が思春期ニキビを治すのに有効な方法です。

友達と遅くまでLIENをするのは良くないのですが、やはりやりたい事をして生きる事は仕方ないので、思春期ニキビが出来た時だけ控えるようにしましょう。

また疲れている時もパスをして無理をしない方が良いと思います。

食事は20時以降の摂取は控えるべきで、この時間帯以降に食べ物の消化をする場合、とても大きな負担となり原因となってしまいます。

そのため20時が来る前に好きなだけ、ご飯を食べるのがおすすめです。

またホルモンバランスの乱れで思春期ニキビが出来る時は納豆や豆腐がおすすめで、これらの食品にあるイソフラボンがホルモンを整えてくれます。

これは生理中で辛い思いをしている女性に特に有効とされています。

トマトジュースは肌を綺麗にする作用があり、ニキビを治してくれる効果が高いとされているので、髪にツヤもでるので女性には嬉しい飲み物です。

以上で思春期ニキビの原因とホルモンについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ