じゃがいもの栄養と効能は炭水化物なのにダイエットに有効?

じゃがいもは炭水化物なのに栄養と効能の面からダイエットに有効なので、なぜ効果的なのか説明したいと思います。



しかし、芽や緑色の皮には毒があるので注意が必要です。

まずはじゃがいもの栄養と効能について説明して、最後に炭水化物なのにダイエットになぜ有効なのか解説したいと思います。


じゃがいもの栄養と効能


今からじゃがいもに含まれている栄養素を紹介するので気になる方や料理のレシピに役立てたい方は是非見てください。

じゃがいもの栄養素

ビタミンC
ビタミンB
カリウム
ミネラル

以上が特に多く含まれている栄養素となります。

じゃがいものビタミンCは熱に強い性質を持ち、火を通しても中々壊れないのが特徴でシミやソバカスなどの予防や日焼予防に最適です。

高血圧、心筋梗塞、癌などの現代病の予防にも有効です。

しかし、じゃがいもには天然毒素「ソラニン」が含まれており、こちらも火を通しても壊れにくいため効能が裏目に出る事もあります。

熱に強い性質は豊富に含まれているでんぷんの効能によるものです。

特徴的なのは炭水化物にも関わらずたんぱく質をほとんど含まれていない事で、ダイエットにとても有効なので痩せたい人にお勧めです。

またカリウムは塩分を排出してくれるので積極的に摂りましょう。


スポンサードリンク


炭水化物なのにダイエットに有効!?


実はじゃがいもは炭水化物なのにダイエットに有効で、意外にも食物繊維も豊富で値段も安いのでとても良い食べ物です。

たんぱく質を消化する時にペプチドが腸を活性化させ満腹間を得られます。

実際にじゃがいもを食べた人は食べてない人に対して、食事量が減ったという事が明らかになり、水で膨らむ性質を持っているため粘度が強くなります。

すると体外に出るのが遅くなり、満腹感を長く持続する事が可能なのです。

腹持ちの指数を表示した際でもパンと比較するとじゃがいもは3倍数値が高かった事が判明しており、この事からダイエットにとても有効です。

じゃがいもには「レジスタントスターチ」という栄養が含まれています。

これは消化や吸収を緩やかにする効果があり、この成分による効能で満腹感を得られる事が出来て、血糖値の上昇を防ぐ働きもあるのです。

なので炭水化物を食べながらダイエットしたい人には大変お勧めです。


スポンサードリンク



じゃがいもの危険な効能


基本的にじゃがいもは血行を良くしたり、むくみや胃の荒れなどの症状にも有効な効能を持つので健康になりたい人にはお勧めです。

しかし、毒であるソラニンは危険です。

確かにじゃがいもの栄養は素晴らしいのですが、芽や緑色の皮に含まれている天然毒素は摂取し過ぎると死に至る人もいます。

なので芽や緑色の皮を厚めに削ぐと良いですよ。

先ほどは熱に強い性質を持つと説明しましたが、170℃以上の油や水で煮るとソラニンの分量を減らす事が可能なのでこちらの調理法はお勧めです。

小さいじゃがいも程ソラニンが多いので、食べないようにすると良いです。

水で煮たりするとビタミンCなどの栄養素まで落ちてしまうので、ボイルする時は出来れば皮つきのまますると壊れにくくなります。

ダイエットにお勧めなのはじゃがいもとベーコンをオリーブオイルで痛めたジャーマンポテトのようなものが良いですよ。

以上でじゃがいもの栄養と効能が炭水化物でダイエットについて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ