口臭の原因は鼻?対策方法は牛乳や豆腐!?

好きな人とデートに行く予定のある方は、口臭が気になる方も多いと思いますし原因が分からないと思うので、対策方法を紹介します。


また鼻が匂いと関係している事もあるので、こちらも説明します。

最初に口臭の原因となる鼻の関係について解説して、次に匂いと関係する生活習慣や対策方法を紹介したいと思います。


口臭の原因は鼻や病気!?


風邪を引いたりウイルスに感染すると鼻詰まりとなり、口呼吸になる事によって空気が口の中に入って、乾燥することで口臭が発生する原因となります。

また鼻だけが原因という訳ではなく生理的に発生している事もあります。

その他に虫歯、口内炎、糖尿病、歯周病、蓄膿症なども口臭の原因と考えられていて、虫歯は歯が腐る事によって悪臭を放ちます。

歯周病の方は肉やゴミが腐った匂いがするので目安にしてください。

口臭の原因が蓄膿症による場合は鼻から匂いがしずらかったり、変な匂いがする事もあって、鼻自体が臭いと感じる事があります。

蓄膿症は治すのに何ヶ月も掛かるので、早めに病院に行った方が良いです。

また病気が原因ではなく食べ物によって口臭を放つ事もあり、それはネギや玉ねぎの食べ過ぎなどによる事もあるので、注意が必要です。

それだけでなく油っぽいものや肉類の食べ過ぎも原因と考えられます。

風邪やウイルスによる細菌を扁桃腺が倒してくれて死骸が残ったものが匂う事もあり、これは膿栓と呼ばれる白い玉のようなものが原因の場合もあります。

これはうがいが対策となるので、毎日やると予防出来ます。


スポンサードリンク


口臭と生活習慣の関係


肥満の方や高血圧の方は口臭がきつい方が多いですが、その理由は肝臓が絡んでいて鼻や病気だけが匂いの原因ではないのです。

そのため日頃から生活習慣を対策する事も大切となってきます。

人間は生きていくために野菜やお肉など沢山の食物を1日に摂取しますが、肝臓にはそれらを消化して吸収するのが役割です。

最終的には食べかすの匂いも消してくれるので、口臭が防げる訳です。

しかし、肝臓の動きは食べ過ぎや消化に負担が掛かる事ばかりしていると次第に疲労していき、機能しなくなってしまいます。

やがて匂いを消臭出来ず、口臭の原因となってしまう訳です。

肝臓に負担を掛けるお酒や偏った食生活は控えるべきで、ストレスや睡眠不足もダメージを受ける事となるので対策を考えましょう。

特に睡眠はストレス解消にも効果があるので、睡眠は必ず取りましょう。

理想的な睡眠時間は7時間が良いとされていて、専門家の方がおっしゃるには最低5時間は寝るべきと語られているので目安にしてください。

また昼夜の逆転生活もダメなので控えるように努力しましょう。


スポンサードリンク



口臭を対策する方法


原因が分かってきましたが口臭を対策する具体的な方法はまだ紹介していないので、今から紹介する方法をやってもらうと改善する事が出来ます。

口臭を対策する方法

牛乳や野菜ジュースを飲む
肉よりも魚を食べる
歯磨きは短く磨く
うがいを毎日する
豆腐や枝豆を食べる

以上が口臭を対策するのに有効な方法となります。

牛乳や野菜ジュースには強力な消臭効果があり、コンビニやスーパーなどの店で手軽に買えて対策する事が出来るのでとてもお勧めです。

また緑茶にもカテキンで消臭する作用があるので有効です。

口臭の原因となる肉はなるべく魚に変えた方が良く、惣菜などの脂ぎったものやファーストフードも出来るだけ控えるようにしましょう。

また歯磨きも一度に長く磨くのではなく、小刻みに磨きましょう。

口臭の原因となる膿栓を対策するのにうがいが効果的ですが、お茶でするとより予防する作用が大きくなるのでおすすめします。

また豆腐や枝豆は肝臓機能を高くするので日頃から食べると良いです。

豆腐や枝豆以外にも醤油や納豆も有効なので、好きなものを食べて対策するのがおすすめですが、納豆は匂いも元となるので対策には向いていません。

以上で口臭を対策する方法と鼻と原因について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ