口臭の原因は肝臓やピロリ菌?改善方法とは

朝起きた時やご飯を食べた直後に口臭が匂うなぁと感じた人は、肝臓やピロリ菌が原因と考えられてきます。


そのためここでは改善方法を紹介したいと思います。

まずは口臭の原因となる肝臓とピロリ菌について説明して、次に誰でも出来る簡単な改善方法を紹介していきます。


口臭の原因は肝臓!?


人間が食事を摂取した時に代謝を促し吸収してくれるのは肝臓で、消化吸収という点で口臭の原因となるので関係があるのです。

肝臓の役割は沢山あるのですが、栄養学では大きく4つに分けられます。

食事を摂取すると最初に胃に運ばれますが最終的には肝臓に辿り付き、ここで食べ物を栄養分にして全身に送ります。

そして脳を動かすのに必要なグリコーゲンを肝臓に溜めていきます。

次にコレステロールや老廃物などを除去して、体内に出来るアンモニアや薬などの口臭の原因となる匂いを消して口臭の原因を除去してくれるのです。

そのため口臭が匂う方は肝臓が上手く機能していない可能性があります。

これら4つの過程が終えて初めて匂いの原因を消す事が可能で、肥満の方やお酒を飲む方は特に肝臓が弱っている方が多いです。

その他に食事を内容が揚げ物や肉類ばかりの人も匂いの原因となります。

肝臓が口臭の原因となっている人は便通が悪い特徴があり、充分に寝ているにも関わらず寝たりない方は予備軍となってくるので注意が必要です。

また首や肩のこりが酷い人も該当するのでチェックをすると良いです。


スポンサードリンク


口臭とピロリ菌の関係


自分の口臭の匂いが卵の腐った匂いに近い感じがする人はピロリ菌が原因の可能性があり、ピロリ菌とは人間の胃の中で生息する細菌の事です。

この細菌の量に個人差があり、現在詳細な動きはまだ分かっていません。

しかし、胃の粘膜を荒らすピロリ菌や逆に何もしない物もあり、口臭の原因となる理由はピロリ菌が消毒される時に出すウレナーゼが関係しています。

ウレナーゼはピロリ菌を守る成分で、アンモニア臭を放ちます。

そのため口臭の原因となる事があり、ピロリ菌を除去するには1~2週間ほどの期間薬を飲んで生活して治すのが一般的のようです。

またこの1~2週間の間に2種類の薬を服用する事もあります。

口臭の原因が肝臓に当てはまらない人はピロリ菌の可能性があるので、もし気になる場合は病院に行き検査する事をおすすめします。

ちなみに検査方法は皆さんもよく知る胃カメラを使います。

ピロリ菌を治すにはヨーグルトが効果的とされていて、毎日200g食べるのが目安でバナナと一緒に食べるとビフィズス菌の効果を大きくする事が出来ます。

継続する事によって初めて口臭の原因となるピロリ菌を消す事が出来ます。


スポンサードリンク



肝臓を改善する方法


口臭の原因がピロリ菌じゃなく肝臓によるものだと思っている方は、今から紹介する方法を行うと匂いを改善するのに有効です。

肝臓を改善する方法

噛む回数を30回にする
納豆や豆腐を食べる
夜食や間食を止める
睡眠をしっかり取る
お酒は週2回にする

以上が肝臓を良くするので日頃から行いましょう。

肝臓の機能が落ちるのは食べ物の過剰摂取が原因となる事もありますが、噛む回数を増やす事で消化を助けて満腹中枢を刺激して食べ過ぎを避けれます。

すると口臭を改善する事もあるので、出来るだけやりましょう。

納豆や豆腐などは肝臓の機能を高める事が出来ておすすめで、夜食や間食は負担が大きいので止めると回復するケースもあります。

またお酒も飲み過ぎはダメなので、週2回にまですると良いです。

それが嫌な人はお酒を飲む前にトマトジュースを飲むのが効果的で、トマトジュースは肝臓の負担を和らげる作用があります。

毎日トマトジュースを飲むのも有効なので、口臭の改善におすすめです。

また油物や肉などは肝臓を弱める原因となるので、魚や野菜に切り替えて生活すると治るのが早くなるので、急いでいる人はそうしましょう。

以上で口臭の原因であるピロリ菌と肝臓について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ