じゃがいものカロリーの100gの分量とタンパク質の量とは

ここではじゃがいものカロリーとタンパク質などダイエットなどに有効な情報を説明するので気になる方は見てください。


1個分が大体100~150g程の重さなのでそれを覚えておいてください。

まずはじゃがいものカロリーが1個100gの物がどれくらいのタンパク質があるか説明したいと思います。


じゃがいも100gのカロリー量とは


今からじゃがいも100g辺りのカロリー量を公開するので糖尿病の治療やダイエットをしている人は是非見てください。

じゃがいものカロリー量

生の場合    76cal
蒸した場合   84cal
水煮にした場合 73cal

以上が100g中に含まれている含有量です。

これらの分量は正しいのですが、市販で売られているじゃがいものサイズは100gと書かれていても少し違うので覚えておいてください。

実際に買った人が調べると114gや140gなどの数字が出たようです。

もう一つじゃがいものカロリーを見る際に注意するべき点は芽を削る場合で、芽を削るとその分重さも変わってくるので覚えておきましょう。

芽は取らなくても良いだろうという考え方は危険です。

なぜならじゃがいもの芽には「ソラニン」という毒が入っており、美味しくもないですし食べ過ぎると死に至る事があるので取り除きましょう。

なので料理する時はカロリーの分量に多少影響します。


スポンサードリンク


じゃがいものタンパク質が少ない!?


肥満や高血圧の原因は脂質などのタンパク質が問題とされており、じゃがいもはそれをほとんど含んていない所が素晴らしいです。

なのでダイエットをしている人にはとても良いです。

しかもじゃがいもは食べると満腹間を得られやすい食べ物で、パンなどの脂質やタンパク質が多いものを避けながら食べると痩せやすくなります。

またビタミンCやカリウムが豊富なので高血圧も防げます。

しかし、じゃがいもを食べる際でもフライドポテトはタンパク質の量が多く、100g辺り300cal含まれていています。

これは大量の油によるカロリーとなります。

フライドポテトなどをする際は通常の油ならカロリー量や脂質が多いので、オリーブオイルを使って揚げると健康に良くダイエットにも良いですよ。

なのでなるべくオリーブオイルを使いましょう。


スポンサードリンク



じゃがいもの食べ方


じゃがいもの緑色の皮と芽には天然毒素「ソラニン」と「チャコニン」が含まれており、二つはポテトアルカロイドと言われています。

なので芽と緑色の皮は取り除く事が一般的とされています。

火を通しても消える毒ではなく170℃以上の油で揚げたり、熱湯で火を通す場合は含有量を減らす事が出来るのでお勧めの調理法です。

なのでそこはフライドポテトに適しています。

芽や緑色の皮は周辺の部位を厚めに削ぐと天然毒素を完全に取り除く事が出来るので、そのようにすると良いですよ。

日光や光のある場所では芽がでやすいので新聞紙で光を遮りましょう。

新聞紙の中にじゃがいも意外にリンゴを1個入れると芽を抑える事が出来るので、カロリーを減らさずに済む事があります。

なのでその様に保存しましょう。

以上でじゃがいものカロリーは100gの分量とタンパク質の量は以上です。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ