うつ病の接し方!メールとイライラの対処法と治す方法とは

身近な人がうつ病になってしまった時は接し方を変える事が大切ですが、励ますメールをしてもネガティブな返信が帰ってくる事もあります。


また関わっていてイライラする事もあると思うので、対処法も紹介します。

最初にうつ病患者との基本的な接し方について説明して、次にメールとイライラする時の対処法について解説していこうと思います。


うつ病の症状と接し方


基本的にうつ病の方には精神面の影響で食欲減少、集中力の低下、意欲の低下、人と話をしない、やる気が出ないなどがあります。

また感情の揺れ幅が普通の人より激しいのが特徴と言えます。

例えばいつも自分はダメだと思っていたのに良い事があると異常に元気になり、少し時間が経過するとまた憂鬱な気分となっていしまいます。

そのためうつ病患者との接し方は元気があっても注意しなければなりません。

またうつ病患者には精神にも影響する事があり、下痢、嘔吐、腹痛、食欲減退、性欲減退、味覚の異常、便秘など様々な症状が出てきます。

接し方の中で一番大切なのは傷付く事を言わない事が大切です。

うつ病患者との接し方は基本的に存在を肯定する事が重要で、話を無視したりするとかなり傷付くので注意しなければなりません。

これはイライラしていてもそうするべきなので、覚えておきましょう。

うつ病患者の方は将来に大きな不安を抱いているため、それを取り除けるように将来の事を一緒に考えて、不安が消えるような進路を考えると効果があります。

問題が解決すれば今より良い状態になるので、そのような接し方をしましょう。


スポンサードリンク


メールやイライラした時の対処法


うつ病患者の中にはストレスなどのイライラで発症する事もあり、そのようなタイプの人は突然キレたりして接し方が難しくなります。

そういう時は無理せず休ませて充分睡眠を取らせるのが有効です。

またうつ病患者は通常よりもイライラしがちな状態となっているため、話をちゃんと聞かないと元気を無くしたりすることもあるで注意が必要です。

またメールをする時もなるべく話を聞いて、怒らないようにする事が大切です。

先ほどはうつ病患者との接し方は無視せず肯定的な話をすると説明しましたが、ネガティブな答え方やメールをする事もあります。

これが続くとイライラする方もいると思いますが、我慢しましょう。

またメールの返信がしつこいというケースもありますが、こんな時はもう時間だからまた明日ねという感じで終わらせると良いです。

間違っても面倒だから返信辞めるという接し方は止めましょう。

またメールを無視したりするとうつ病患者は傷付くためそれは避けて、今忙しいからまた後でねとかそのように接すると良いです。


スポンサードリンク



うつ病とイライラを治す方法


接し方は分かったと思いますがどうすればうつ病が良くなるか分からない方もいますし、メールやイライラの対処が続くのは辛いでしょう。

そのため治療方法を行わせてうつ病を改善させる事も大切です。

今から紹介する方法を身近にいるうつ病患者の方に、これが治療に役立つらしいよとおすすめすると改善に近づく可能性があります。

うつ病を治す方法

ウォーキングをする
お風呂に入ってリラックスする
カレーを食べさせる
嫌な事を紙に書き続ける
朝起きたらすぐに太陽を見る

以上がうつ病を治すのに有効な方法となります。

ウォーキングは気分を前向きにしてうつ病を治すのに有効とされていて、お風呂はストレス解消に役立つのでおすすめします。

また睡眠もストレス解消でイライラを治すのにとても良いです。

生活習慣を治すのが大切で朝起きてすぐに太陽を見ると体内時計が治り、夜に寝る事が出来てセロトニンを分泌する事が出来ます。

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれる成分で、うつ病改善に有効です。

太陽を見るだけで良いので朝起きて1分見るとイライラを解消する事が出来て、嫌な事を紙に書き続けると嫌な事を飽きさせてどうでも良くなる効果があります。

これは昔嫌だった思いでを捨てたい時に気が済むまですると有効です。

またカレーもセロトニンを分泌する事に効果があり、イライラを治したりするので主婦の方はたまに作ってあげましょう。

異常でイライラの接し方とメールについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ