ストレス性胃痛を解消する治し方と対処法とは

現代社会はピリピリしていて人間関係も面倒だと思う方も多く、ストレス性胃痛になる方もいるので原因を説明します。


また解消に有効な治し方や対処法も紹介するので、気になる方は見てください。

最初にストレス性胃痛になる方の症状について説明して、次に解消する治し方と対処法について紹介したいと思います。


ストレス性胃痛の症状とは


今は社会だけでなく学校でも何かと悩みを抱える時代になり、12歳以上の46.5%の方には悩みがあるという統計もあります。

この時期は就活や受験などの要因も多きいので、解消するのも大変です。

また社会人の方ではお金の悩みがある方や育児の事などもあり、30~50代の方は特に仕事の悩みでストレス性胃痛になる事があるようです。

特に人間関係のストレスが最も大きいとされています。

今からストレス性胃痛の症状を説明するので、該当する方は解消するために後ほど紹介する治し方と対処法を実践してください。

ストレス性胃痛の症状

吐き気や食欲減少
胸焼けでムカムカする
すぐにお腹が一杯になる
睡眠障害と食後の胃もたれ
薬の効果が低く慢性化しやすい

以上がストレス性胃痛の症状となるのでチェックをしましょう。

これらの症状があるにも関わらず病院で検査しても異常なしの場合は、ストレス性胃痛の可能性が高いので解消しなければなりません。

ストレスを完全に消すのは難しいですが、治し方や対処法で良くなってきます。

人間関係によるストレスは年齢を重ねるに連れて、減少していくと言う結果が出ていますが実際には個人差があるので、難しいでしょう。

特に嫌いな人はなるべく避けた方が無難で、妊婦の方は特に気を付けましょう。


スポンサードリンク


ストレス性胃痛を解消する治し方


普通に考えるとストレス性胃痛を治すにはストレス解消が大切なのですが、治し方は皆さんもよくする好きな事などが当てはまります。

しかし、時間がない方や出来ない方もいるので、治し方があっても難しいです。

そこで今から日頃の生活習慣の中で簡単に行う事が出来るストレス解消法を紹介するので、出来る方はこの治し方を行ってください。

ストレスを解消する方法

嫌な事を紙に書き続ける
好きな音楽を聴く
毎日ちゃんとお風呂に入る
睡眠時間はきっちり確保する
ウォーキングをする
好きなものを食べる

以上がストレス性胃痛の治し方となるので試してください。

嫌な事を紙に書き続ける方法は心理学的に有効な方法で、これをすると嫌だったことに飽きがきて忘れさせる効果があるそうです。

また昔の嫌な記憶が蘇った時にも有効な方法です。

嫌な事を書いた後は紙をビリビリ破ると効果が高いのでお勧めで、この治し方は頭をリフレッシュさせる作用もあるので仕事も上手く行きやすいです。

またお風呂にちゃんと入ればストレス性胃痛の解消に有効です。

睡眠はストレスの解消にとても有効で、体の方も回復させる事が出来るため治し方としては一番お勧めできます。

またウォーキングをすると前向きとなり、ストレス性胃痛に有効です。

好きな食べ物を食べるという治し方は食べ物でなくても、ゲームやテレビなど自分の好きな事をする事を優先させてください。


スポンサードリンク



ストレス性胃痛の対処法


先ほどの治し方だけでも充分効果はあるのですが、突然ストレス性胃痛が出た時は対処法に困ると思うので、解消法だけでは心配です。

特に仕事中などに腹痛の症状が出たら対処法が必要となります。

今からストレス性胃痛の対処法を紹介するので、症状が出た時はなるべく早く実践するようにしましょう。

ストレス性胃痛の対処法

お茶やコーヒーを飲まない
温かい生姜湯を飲む
下痢や嘔吐がある時は食事を控える
なるべく安静に過ごす

以上がストレス性胃痛の対処法となります。

お茶やコーヒーには「カフェイン」と呼ばれる成分で利尿作用が出て、腸内を荒らしたりするため控えなければ体に悪いです。

また生姜湯を飲むと体に優しいので、生姜小1と熱湯100㏄を混ぜて飲みましょう。

ストレス性胃痛で下痢や嘔吐の症状が出た時は食事を控えるのが良く、水分不足になりがちなので排泄した後は水分をすぐに取りましょう。

そしてなるべく安静にするために横に寝そべるのが理想的です。

ストレス性胃炎の対処法には先ほど紹介した解消する治し方という方法も有効で、体に余裕がある時は解消する治し方を行いましょう。

以上が解消する治し方と対処法について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ