むくみの原因は砂糖や水分不足!?改善方法とは

朝起きると手足や顔がパンパンになって、むくみが出来ているという方は砂糖や水分不足が原因の可能性があります。


そのためこれらの要因の改善方法などを紹介したいと思います。

最初にむくみの原因となる砂糖と水分不足について説明して、最後に誰でも簡単に出来る改善方法を紹介していきます。


むくみの原因は砂糖!?


実は砂糖には水分を吸収する作用があるため、摂取し過ぎると不必要に水分を取ってしまいむくみの原因となるケースがあります。

また基礎代謝の機能も落ちて老廃物を流す作用も落ちてしまいます。

むくみの原因となる砂糖は厄介な事に依存性が高く、摂取すると血糖値が上がったり下がったりして不安定となり、不安定な状態を治すためまた砂糖を取ります。

そのため悪循環な状態になりがちなので、水分不足より大きな問題です。

しかもむくみの原因になる理由はそれだけでなく、砂糖の成分は体を冷やす作用があるためより、冷え性によって発症する事もあります。

基本的に白い砂糖は全て体を冷やすのですが、てんさい糖違います。

例えば日頃我々が使っているグラニュー糖や上白糖は控えて、逆にてんさい糖は体を温める作用があり、むくみの原因を取り除きます。

しかし、てんさい糖以外に黒砂糖やきび砂糖などもあります。

この二つの砂糖はミネラルを豊富に含んでいるためむくみを改善するのに有効で、白い砂糖に対して依存性があまりないため、過剰摂取を防げます。

そのため白い砂糖よりは良いですが、てんさい糖以外は体温を下げるので原因を作ってしまうという残念な点もあります。


スポンサードリンク


むくみと水分不足の関係


昔から水を多く飲むとむくみが出るからほどほどにしてと言われる方もいると思いますが、実は水分不足も原因となっていしまいます。

確かに水分を多く飲むと体に余分に溜まってむくみが出る事もあります。

しかし、水分不足は血液をドロドロにして血流を悪くする事から老廃物を流す作用が落ちて、むくみの原因となってしまうのです。

そのため水分不足と飲みすぎのバランスを取らなければなりません。

喉が渇いてから水を飲む人がほとんどだと思いますが、実は喉が渇いたなぁという時には既に水を飲むタイミングが遅れている様なので注意が必要です。

そのため1時間1回頻度で水を飲めば水分不足を解消出来ます。

またむくみの原因は水分不足だけでなく運動不足も問題で、運動をしていない方は血液の循環が悪いため水を飲んでも改善しない可能性もあります。

またカリウムという栄養がないと改善するのは難しいです。

水分不足以外に問題なのはカリウムと呼ばれる成分で、この成分は余分な塩分を取り除くため必要でくるみやバナナに含まれています。

そのため日頃から摂取するとむくみの原因の一つを改善出来ます。


スポンサードリンク



むくみを治す方法


砂糖や水分不足はむくみの原因となっているので、これらを改善する方法を紹介するので治したい方は実践してください。

むくみを治す方法

寝る前にコップ1杯の水を飲む
コーヒーやお茶を飲む
甘い物を控え果物を食べる
食後にウォーキングをする
半身浴をする

以上がむくみを治すのに有効なので是非試してください。

実は人間が水分不足になりがちな時間は深夜で、この時間は寝ている最中のため水を飲む事が出来ずに水分不足になる事がほとんどです。

そのため寝る前にコップ1杯の水を飲むとむくみの原因を改善できます。

またコーヒーやお茶などに含まれているカフェインには利尿作用があり、これを摂取するとむくみを改善出来るケースがあります。

しかし、摂取し過ぎると逆効果なので1杯飲めば充分です。

砂糖のような甘いものを食べたい時には果物を食べるのがおすすめで、それが嫌な場合はてんさい糖を使うかハチミツを使えば良いと思います。

また食後から30分後にウォーキングを20分すると体に良いです。

食後に体を動かすとインスリンと呼ばれる成分が全身に運び、血液循環が良くなるのでおすすめで、早歩きで動くとかなり効果が高いです。

また半身浴は10~20分すると効果が出るので、体を温めましょう。

むくみが足に出ている時は足湯だけでも効果があり、足湯も半身浴に負けないほど有効なので、むくみの原因を取り除くには充分です。

以上でむくみの原因である砂糖と水分不足について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ