とうもろこしの栄養と効能は美容やダイエットに良い!?

夏になるとおじいちゃんがとうもろこしを採ってきて、湯がいて食べる家庭は多いと思いますが、実は栄養と効能が美容に良いと分かっています。

ここではその成分について詳しく紹介していきたいと思います。

最初にとうもろこしの栄養と効能について説明して、次に美容効果を下げないための調理方法を解説していきます。


とうもろこしの栄養と効能


美容に良いと言われるとうもろこしの栄養素は主にビタミンB1、B2、E、リン、カリウム、食物繊維、鉄、カルシウム、マグネシウムなどを含んでいます。

ビタミンB1は食欲増進と疲労回復する効能があると分かっています。

対してビタミンEは血液の流れを良くして高血圧や脳梗塞などを予防して、ホルモンバランスを整える作用があるため思春期の子供に食べさせると良いです。

また生理がきつい女性がとうもろこしを食べるとこの栄養で助かります。

それだけでなく肌の老化を防ぐ事から美容に有効な効能を持ち、不足すると逆に肌にしみが出来て、老化していくので日頃から摂取が必要です。

さらに食物繊維で便秘を改善し肌を綺麗にするため、こちらも美容に良いです。

とうもろこしの栄養に含む鉄は女性に多い貧血を防ぐ効能を持ち、カルシウムはイライラを抑えて骨粗しょう症を抑える働きがあるとされています。

またマグネシウムはカルシウムのの吸収率を上げる事が分かっています。

マグネシウムの効能は動脈や脳の動きを正常に動かす作用があり、不足するとうつ病のように気分が後ろ向きになるとされています。

そのためネガティブな人には特にとうもろこしの栄養は必要です。


スポンサードリンク


とうもろこしの美容効能とは


とうもろこしには肌の老化を防ぐだけでなく、ビタミンB2にある効能で体に脂肪分をくっ付けにくい体を作る美容効果があります。

この栄養はダイエットやニキビの改善にも有効とされています。

また口内炎を治す事も出来て、ダイエット効能は脂質の吸収を抑えるだけでなくタンパク質や糖質も分解してくれるため、美容効能は大きいです。

この栄養はサプリなどでよく使われるので、とうもろこしは肥満に有効です。

最近顔や手足のむくみが酷いという方はとうもろこしに含まれるカリウムで改善出来て、カリウムは余分な塩分を体の外に出してくれます。

そのためむくみを改善するという美容効能がある事が判明しています。

また嬉しい事にカリウムは高血圧や糖尿病などのあらゆる生活習慣病の原因となる塩分を排出するので、とても体に良い成分と言えます。

また希少な油であるリノール酸を含んでいます。

とうもろこしに含まれるこの油を摂取すると余分なコレステロールを排出して、腸内の器官と便を柔らかくして便秘を改善する美容効能があります。

この栄養はそれ以外にメラニン色素を抑えるので、シミやたるみに有効です。


スポンサードリンク



注意すべき食べ方とは


ほとんどの家庭ではとうもろこしが採られてすぐに湯がいて食べるという家庭がほとんどですが、実はとうもろこしの栄養は湯がくとかなり消費されます。

そのため湯がく時間をなるべく少なくしないと美容効能が小さくなります。

しかし、どれくらい湯がけば良いか分からないという方は3~5分で湯がくと丁度良い感じになるので、これを目安にボイルしてください。

とうもろこしの栄養は水溶性なので、湯がく事自体がかなりきついです。

美容効能がどうしてもかなり落ちてしまうので、それを避けるに一番良いのは電子レンジを使い熱を通すというやり方もあります。

そのやり方はとうもろこしの外側の薄い皮だけを残す方法です。

とうもろこしには分厚い皮がありますが、あれを剥いだ後に薄い所だけを残して、その状態のものを耐熱皿に乗せて600wで6~8分加熱すると完成です。

ラップを巻いてする方法もありますが、好きな方を選んでください。

美容効能が良いと説明しましたが、やはり摂取し過ぎると体に良くないので、ほどほどに食べる事を意識して夏を楽しみましょう。

以上でとうもろこしの栄養と美容効能について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ