砂糖の害は肌や病気に出る?子供や大人の影響について

昔からお菓子やケーキばかり食べると害が出ると言われていますが、それが本当なのか詳細を説明します。


ここでは摂取した時に肌に出る病気と子供や大人の違いについて紹介します。

まずは砂糖を摂取した時に肌に与える害について説明して、次に子供や大人出る影響と摂取量を減らし病気を防ぐ方法について解説します。


砂糖の害とは


あの甘さが美味しくて止めるのが難しい砂糖ですが、摂取した時に出る害はカルシウム、ミネラル、ビタミンを壊してしまうことです。

そのため骨粗しょう症の発症率が上がる事が分かっています。

砂糖の害はその他に血液を汚して赤血球と細胞を壊して、ビタミンも奪うため肌から潤いを奪い美肌から遠ざかっていきます。

ビタミンには肌を潤わせる効果があるので、これを壊されるのはきついです。

また砂糖の害はあらゆる病気の原因となり、貧血、虫歯、糖尿病、子宮異常、肩こり、便秘、頭痛、冷え性、心臓機能低下、アトピーなどが発症します。

そのため取り過ぎは良くないので、子供にあげ過ぎるのは良くないです。

女性は砂糖が好きな方が多いですが、これは皮下脂肪を増やすために本能的に摂取している事が多いので、ただ欲しいというのとは少し違います。

しかし、取り過ぎは肌を汚くするので注意が必要です。

また砂糖の害は肌を汚くするだけでなくビタミンを壊すため老化に繋がり、ミネラルも無くすため抜け毛も増えていく事となります。

逆に摂取を止めた人は肌が綺麗になったという方が実際にいるようです。


スポンサードリンク


砂糖が与える子供と大人の影響


人間は大人や子供関係なしに1日に取る砂糖の摂取量は20gが適量とされていて、高齢者や6歳までのお子さんは15gとされています。

しかし、近代の日本人は1日60g以上の砂糖を摂取している事が判明しています。

砂糖は摂取してからの吸収が早いのが特徴で、短期間に摂取し過ぎると血糖値を急激に下げて、低血糖になったりしてバランスを崩す事が分かっています。

バランスを崩した結果、性格が怒りやすくなるとされています。

これは病気ではないのですが、大人の場合は摂取を止めると砂糖の害が出なくなり、子供の場合は性格が形成される頃なので、完璧に消える事はありません。

そのため小さい子供に砂糖を摂取させすぎると怒りやすい大人になります。

子供の性格で一番作るとされている時期は0~6歳とされていて、6~12歳もまだ作っている最中なので砂糖の量は分量をなるべく少なくした方が良いです。

また摂取を止めると集中力がアップする事が分かっています。

そのため子供の学力が上がるのにも期待できるので、偏差値の高い大学に入る可能性を高めてくれるのでおすすめします。

大人の方で怒りやすいと言われている人は砂糖を控えましょう。


スポンサードリンク



砂糖の摂取量を減らす方法


先ほど説明した通り砂糖を取り過ぎるとあらゆる害が起こるため、なるべく摂取量を減らす事が健康になるための秘訣です。

しかし、止めるのは難しいと思うので減らす方法を紹介します。

まず料理を作る時に砂糖入れる量を減らす事が一番良いのですが、難しいのでみりんに変えると甘さを出して代用する事が出来ます。

また砂糖の害を避けるにはハチミツや黒砂糖もおすすめします。

ハチミツは砂糖よりもカロリーが低く1.3倍甘味も強いため、料理を作る時にハチミツに変えるととても体に良いです。

しかも新陳代謝を上げて感染症の病気を予防するのにも有効です。

砂糖の害に対してハチミツは美容に良いとされていて、便秘を治して肌を綺麗する事が出来て抜け毛や肥満防止にも効果があるとされています。

子供に料理を食べさせるときはこちらを代用すると良いです。

また殺菌作用があるため皮膚の病気がある人はハチミツを塗ると改善に近ずき、風邪やウイルス予防にも有効なので日頃から摂取しましょう。

以上で砂糖の害と子供や肌と病気について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ