うつ病の症状は10代で怒る事が多い!?治療方法とは

思春期の10代が学校の人間関係が上手くいかなかったり、受験に落ちたりした時にうつ病になりやすいですが、症状は怒る事が多いです。



そこで今回は対処方法や接し方を紹介します。

最初に10代の子供がうつ病に掛かったらなぜ怒る事が多くなるのか症状について説明して、次に対処方法について解説します。


うつ病の症状とは


最近の時代では就職や進学などのプレッシャーが大きかったり、一度道を踏み外せば中々元に戻るのはとても難しい時代となっています。

10代の子供はこれらの要因でうつ病になる事が多いです。

特に学業の方が上手くいかない時は不安を感じやすい傾向にあり、その他に人間関係や家庭の方で悩んでいる事もあります。

10代でうつ病になる子供は元々不安が強い性格の子が多いです。

症状としては基本的に落ち込んでいるのですが、楽しい事や幸せな事があると絶望的な気分から180度変わり、とても元気な感じになります。

しかし、この状態は長く続かずまた絶望的な性格に変わります。

またうつ病症状は午前中はいつも通り過ごせても夕方や夜は不安を抱いたり、イライラして怒る事もあるので、よく見ましょう。

また体調も悪くなり、食欲や意欲も落ちるので注意しましょう。

10代の子供でも人の顔色や言葉を異常に気にしたり、真面目でプライドの高い人はなりやすいので、当てはまる人は危険です。

特に思春期の女性はホルモンバランスを崩して、鬱々しい気分の人が多いです。


スポンサードリンク


うつ病の対処方法


10代の子供は怒る時もありますが、話が全く出来ない場合を除いて対処する方法は幾つかあるので実践するようにしてください。

うつ病の対処法

相手の話をよく聞く
怒らずに誉めてあげる
短所でなく長所を見てあげる
休ませるようにさせる

以上がうつ病の対処方法となります。

励ましてあげてもそんなの綺麗事だとか10代の子供は怒るかもしれませんが、基本的にはそのように接するのが大切です。

将来に不安を感じるのも症状なので、それを取り除くように努めると良いです。

例えばもし大学受験に落ちたら人生終わりだとか、人間関係が上手くいってなからこの先幸せになれないと思っている子供の指導をしてあげると効果的です。

物事の考え方を新しく教えたりするのが大切となってきます。

また受験に落ちた時の進路を一緒に考えてあげて、不安を取り除けるように計画を一緒に考えてあげるのが有効です。

10代のうつ病の症状は怒る以外に将来の不安が大きいので特に注意が必要です。

たまに風邪薬などを服用している方がいますが、あれは脳内物質を崩してうつ病の原因となる事もあるので医師に相談した方が良いです。

もちろん全ての薬が症状の原因ではないので、確認しましょう。


スポンサードリンク



うつ病を治す方法


今から10代以外の方にも有効なうつ病の症状を治療する方法を紹介するので、不安定な子供に日頃からさせてください。

うつ病を治す方法

朝起きたら朝日を浴びる
カレーを食べさせる
ウォーキングやランニングをさせる
ノートに嫌な事や不安な事を書かせる
規則正しい生活をさせる

以上がうつ病の症状を治すのに有効です。

朝起きてすぐに朝日見ると体内時計が正常になって生活習慣が正しくなるのですが、その他に「セロトニン」と呼ばれる成分が脳内に作られます。

これは幸せホルモンと呼ばれていて、うつ病症状に有効です。

カレーを食べても腸内にセロトニンを生み出す事が出来るためおすすめなので、たまに作って食べさせると効果的です。

また10代は怒る事が多いですが、これを防ぐ作用もあります。

ウォーキングやランニングはネガティブな気分を消して、前向きな心を作る効果があると証明されているため、運動が好きな子供にやらせると良いです。

その他にノートに嫌な事を書き続けるのも有効です。

不安や事や嫌な事を書き続けているとその事を忘れる効果があるとされていて、ノートの1ページ分に書いた後は捨てた方が良いです。

また10代の子供は規則正しい生活が出来ない事もあるので、注意が必要です。

規則正しい生活が出来ない場合は体が悪くなるだけでなく、精神も病みやすいのでそのような生活はなるべくさせないようにしましょう。

以上で10代の症状は怒る?について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ