子供に熱と咳や痰と鼻水が出る原因と改善方法について

元気だった子供が急に熱や咳を出すと心配になると思うので、原因と改善方法を説明するので気になる方は見てください。



また痰や鼻水が出る理由や止める方法も紹介します。

最初に子供の熱や咳の原因について説明して、次に鼻水や痰を止める方法と改善する方法を解説したいと思います。


子供の熱や咳の原因


痰や鼻水で息苦しそうにしているだけでなく熱や咳が続いて治らない場合は、病気の可能性があるので早めに診察に連れて行った方が良いです。

目安としては一週間しても良くならない場合は診察してもらいましょう。

元気がある時は病院に行かなくても良いのですが、咳が余りにも酷い場合や痰と鼻水が続いて辛そうな時は連れて行きましょう。

1~3月辺りは花粉が蔓延するので、子供にマスクを付けて生活させましょう。

花粉症でこれらの症状が出る事もあるので予防をする事が大切で、インフルエンザやRSウイルスの可能性もあるので手洗いうがいをさせましょう。

また子供の咳が酷くて呼吸困難になっている場合は肺炎の可能性があります。

肺炎は子供の死亡率が高かったので早めに対応する事が命を守る事に繋がり、咳が全く止まらない場合には注意が必要です。

また6週間続くケースもあるので、喉に優しいものを用意しましょう。

喉に優しいものは基本的にのど飴などが有効で、熱が下がらない時は保冷剤や水で絞ったタオルで首周りや脇に付けるのが良いです。

お風呂は入っても構いませんが、温度は43度までにしてください。


スポンサードリンク


子供の痰と鼻水の治し方


痰や鼻水が続く子供がいる時は冷たい物を避けるようにするべきで、冷たい物は痰が出る部位を縮めて出にくくなってしまいます。

逆に温かいものを飲むとその部位を広げて痰を出す事が可能です。

鼻水の続く子供が痰を出す事が多いのは元々鼻水が鼻に溜まって、のどに落ちて出来るものなので必然的なものです。

なので痰を出す事は大切なのですが、鼻水を改善する事も大事です。

もし痰が全く治らない場合は毎日温かいお湯でうがいをするのが有効で、咳や熱がある時にもこの方法は効果的なのでおすすめです。

また温かいお茶ですると殺菌作用があり、特に良いと思います。

鼻水は蒸しタオルを鼻に掛けると改善に有効で、やり方は簡単で少し濡らしたタオルを電子レンジで500wで温かくなるまで熱くします。

それを鼻に掛けて3分置くと鼻水を改善する効果があります。

鼻うがいをすると治るという方もいますが、あれは体に良い物ではないですし子供も嫌がると思うので、適したやり方ではないと思います。

また半身浴も良いのですが、子供が嫌がる場合は止めた方が良いです。


スポンサードリンク



子供の熱と咳を治す方法


熱や咳が全く治らない子供を良くする方法はいろいろあるので、今から出来る範囲で実施させるようにしましょう。

子供の熱と咳を治す方法

マフラーをして生活させる
肉や油物を食べさせない
ハチミツを入れた紅茶を飲ませる(紅茶は12歳以下は飲まない方が良い)
夜はなるべく早く寝かせる

以上が子供の熱と咳を治すのに効果的な方法です。

マフラーをすると喉に優しく咳を改善する作用が早くなり、後ろにあるツボを温めて熱自体の治りも早まるのでおすすめです。

肉や油物は熱を上げてしまうので、子供に食べさせるは控えましょう。

ハチミツは喉に優しい事で有名で子供の咳止め薬以上の効果があるとされているので、温かい紅茶に砂糖代わりに入れて飲むととても良いです。

またレモンの汁を入れて熱湯を注いだホットレモンもおすすめです。

子供の咳と熱を治すには寝る事も大切なので早めに寝かせて、ホットレモンにハチミツを入れると鼻水や痰の改善にも役立ちます。

また生姜を入れるとさらに効果が高くなるのでこちらも良いですよ。

出来れば朝と夕方に1杯ずつ飲ませるのが効果的で、生姜には解熱作用と殺菌作用があるので、花粉症などには特に有効です。

以上で子供の熱と咳について終わります。

Sponsored Link

2 Responses to “子供に熱と咳や痰と鼻水が出る原因と改善方法について”

  1. あか より:

    紅茶にハチミツ
    子供に紅茶を飲ませるのはよくないでしょ!

    • nakasimayuuta より:

      ご指摘ありがとうございました。

      調べてみたら紅茶は確かにカフェインが子供に良くないようですね。

      一部訂正しました。

      紅茶に蜂蜜を入れるのは色が変色しますが、害はないので問題ないでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ