亜鉛の食品はココア?加熱した食材は亜鉛が減少する!?

抜け毛を防止するために摂取する事がある亜鉛は加熱すると成分に変化があり、食品の中でもココアの効果が高いと分かっています。


ここではココアの成分と食材を加熱した時の成分変化を説明します。


最初に亜鉛を含んでいるココアについて説明して、次に食品を加熱した時の成分変化を解説したいと思います。


亜鉛の食品はココアが良い!?


子供がよく美味しいと言って飲むココアは亜鉛の含有量がとても多く、飲み物の中では一番含有量が多いので特にお勧めできます。

しかし、飲み過ぎると副作用が出る事もあるので1日2杯までにしましょう。

ココアは亜鉛を多く含んでいるだけでなく食物繊維が豊富なため、ダイエットする事も出来て、アイチエイジング作用も大きいとされています。

そのためシミやソバカスを防ぎ老化を防止してくれます。

特に食後の後にココアを飲むと摂取した脂肪分を消費する効果が高いためおすすめで、ニキビや肌荒れを治す作用もあります。

またリラックスさせて質の良い睡眠が取れる効果があると分かっています。

亜鉛を含む食品や飲み物を摂取していても質の良い睡眠を取れなければ吸収率は下がってしまうので、ココアはこの点他の食品より適しています。

そのため毎日2杯飲むと育毛作用に期待出来ます。

また体を温める効能があるため冬に飲むと風邪やウイルスの予防になるので、亜鉛を摂取しながら病気から身を守る事が出来ます。

ココアの中でも出来れば砂糖が余り含まれていないものをおすすめします。


スポンサードリンク


亜鉛は食品を加熱すると変化する!?


食品を加熱すると亜鉛の成分に変化はあるのだろうか?と思う方はいますが、実際に変化はあり、摂取した時に得る作用も変わってきます。

まず結論から言うと亜鉛を含む食品を加熱すると亜鉛はかなり減少します。

その他に吸収率が悪くなるので出来れば避けたいところですし、亜鉛を含む食品を調理する時でも加熱のしすぎは良くないと思います。

食品の中でも一番含有量が高い牡蠣なら生で食べる事が出来ます。

しかし、生牡蠣はノロウイルスの発症率が高いため厳しい面があり、1分間沸騰したお湯でボイルすると発症率がかなり減るのでおすすめです。

亜鉛は加熱に関係ないサプリメントで摂取するのも良いです。

問題点は亜鉛を摂取しすぎて副作用が出る恐れがあるため、1日に決められた分量を守りながら摂取しなければなりません。

特に高齢者や胃腸の弱い方は不足しがちな成分なので摂取しましょう。

サプリメントに抵抗がある人はココアで摂取するのが有効で、子供や妊婦またはお酒を多く飲む方は不足しがちなので日頃から取るようにしましょう。

授乳婦も亜鉛を不足しがちなので気を付けてください。


スポンサードリンク



亜鉛を含む食品と効果


ココア以外に亜鉛を含む食品は沢山あるので、今から含んでいるものを紹介するので気になる方は見てください。

亜鉛を含む食品

牡蠣、ホタテ、はまぐり、たらこ、蟹、煮干し
鶏レバー、豚レバー、豚もも肉、、牛もも肉、牛肩ロース
パルメザンチーズ、プロセスチーズ、卵
納豆、高野豆腐、ゴマ、アーモンド、枝豆、抹茶

以上が亜鉛を含む食品となります。

加熱をせずに摂取する事が出来るのは納豆や卵で、結構手軽に食べる事が出来るので日頃からスーパーなどで買っておきましょう。

納豆は冷蔵庫から出して20分放置して食べると体に良いのでおすすめです。

亜鉛の効果は免疫力を上げて病気に強い体を作る事が出来て、活性酸素を取り除いて老化を防止する事に期待出来ます。

また気分を前向きにする作用があるので、元気が無い人は摂取しましょう。

血糖値を下げる事も出来るので高血圧や糖尿病の方におすすめで、アルコールを分解する時に亜鉛が必要となり消費されます。

そのため不足しがちなので加熱調理より気を付けなければなりません。

また子供の成長に必要な栄養なので、小さい子供にココアを飲ませるようにして育てると背の高い大人にする事も夢ではありません。

以上で亜鉛の食品と加熱の変化について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ