子供が熱と咳でも元気?咳がひどい時の危険と改善法とは

子供の咳がひどいし熱がある時は、心配になる親御さんは多いと思うので原因について説明したいと思います。



元気な時の対処方法も教えるので、気になる方は見てください。

最初に元気な時の対処方法について説明して、次に子供の熱と咳がひどい時の原因と治療方法について解説していきます。



子供が熱でも元気な時の対処とは


熱や咳があるのになぜか元気な所を見ると逆に心配になる事もありますが、大人と違って子供は元々の体温が高い事が判明しています。

そのため高熱でも元気があったりすることは少なくないのです。

しかし、子供が40度以上の熱を出している場合は危険なので病院に連れて行く事をおすすめしますが、40度以下なら行かなくても構いません。

これは元気がある場合の対処法なので、元気が無い時は連れて行きましょう。

もし40度以上の熱があって病院に行ったとしても様子見という対処は多いので、それほど心配しなくても問題ありません。

咳がひどいし熱があるという時は熱を下げる事が大切です。

その方法は冷やしたタオルや保冷剤などで首の周りや脇の下を冷やすのがおすすめで、子供にこれをやると下げる事が出来ます。

しかし、子供が熱いのではなく寒い場合は逆に体を温めましょう。

咳がひどい時や熱がある場合は元気が全くない場合を除き、10~20分の間お風呂に入れるのがおすすめで、温度は38~43度にすると良いです。

冬は寒いので43度はあった方が良いと思います。


スポンサードリンク


子供の熱と咳がひどい時の原因


元気がある場合でも咳がひどい時は危険で、一週間以上続いてしまうと何かしらの病気が発症している可能性があります。

子供の熱が一週間で治らない場合もおかしいので、気を付けた方が良いです。

咳がひどい状態が何週間も続く場合は喘息の可能性があり、呼吸困難や息切れなどの症状を引き起こす事があるので子供に症状を聞くようにしましょう。

また肺炎の可能性があるので、早めに病院に行く事をおすすめしまうす。

子供の肺炎は死亡率が高いためなるべく早めの対処が大切で、肺炎はウイルスや細菌が体に侵入して起こる病気となります。

咳がひどい場合なら6週間は治らないとされるほど症状が長いです。

ウイルスや細菌を寄せ付けないためにはマスクがおすすめなので、冬のウイルスが蔓延しやすい時には付けていた方が良いです。

子供の熱や咳がひどい時は冷たい物を飲ませないようにしましょう。

冷たい物は喉に悪い影響を与えて咳を悪化させるので控えて、元気がある時でも温かいものを飲ませると喉に優しいのでおすすめです。

子供が好きそうなものの中でも特にココアが良いと思います。


スポンサードリンク



子供の熱と咳を良くする方法


今から熱と咳を治す方法を紹介するので、元気のある子供にもしてあげれば改善が早くなるのでやってみてください。

熱と咳を早く治す方法

肉や油物は控える
マスクをして生活する
ねぎやみかんを食べる
水を小まめに摂取する

以上が熱と咳がひどい時に効果的な方法です。

肉や油物は体の熱を上げてしまう作用があるため控えて、卵や魚類が体に良いので子供に食べさせると良いです。

特に白身魚などは熱を下げる効果が高いのでおすすめします。

マスクをして生活をすると一見喉に悪そうなイメージがありますが実は誤った認識で、本当はのどに優しい効果があるので付けて生活した方が良いです。

しかし、寝る時は外して生活した方が健康になれます。

ねぎは解熱作用があるため元気があるのに熱がある子供におすすめで、咳がひどい場合はみかんを食べると改善に役立ちます。

水を小まめに摂取すると早く治る事が多いので小まめに飲ませましょう。

子供に元気が全くなく食欲がない場合は無理に食べさせず、食欲が出るまで待ってからお粥や梅干を食べさせるのが良いです。

以上が子供の熱と咳がひどい時の対処について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ