だるいし眠い時と頭痛の原因!気持ち悪い時の対処とは

最近よく寝ているのにだるいし眠いという方は、他に頭痛を伴う事もあるので原因を説明していこうと思います。


9c7ea89c3b71098b8476f13351041b67_s

ここでは改善方や気持ち悪い時の対処法も紹介します。

最初にだるいし眠い上に頭痛が出る原因について説明して、次に気持ち悪い時の対処と改善方法を解説したいと思います。


だるくて眠い原因


日頃から寝ている場合でもだるい、眠い、頭痛という症状は出る事もあり、その場合は生活習慣が乱れている可能性が高いです。

また精神的な状態が良くない事から寝れないケースもあります。

今からこれらの症状が出る原因を挙げていくので、自分が当てはまる項目があった場合は改善に向けるように意識しましょう。

だるくて眠い原因

食生活の乱れ
昼夜が逆転した生活
脳梗塞によるもの
寝る前のスマホやテレビ
栄養素の不足
過度なストレスによるもの
妊娠している時

以上がだるい、眠い、頭痛の症状を伴う原因となります。

人間の体は過度な食事を取ると腸が消化してくれますが、それが多すぎると消化しきれずに腸内が疲れてやる気のでない状態となります。

また昼夜が逆転して質の良い睡眠を取れていない場合も危険です。

脳梗塞は血液がドロドロとなって血管が詰まり、栄養や酸素が脳に届かなくなり発症しますが、この状態だと寝てもだるい、眠い、頭痛という症状を伴います。

これは寝ている間に栄養と酸素が全く行かない事で症状が発症します。

寝る前のスマホやテレビまたはストレスも原因で、これらをすると質の良い睡眠を取る事が出来ず症状が出てしまうケースがあります。

また栄養が足りていない場合も元気が出ないので原因となります。


スポンサードリンク


気持ち悪い時の対処法


だるいし頭痛があるという時は気持ち悪い状態になる事もあり、そんな時は無理をせずに楽な姿勢を心掛けると良いです。

ちなみに気持ち悪いだけでなく吐き気がある場合は食べ物は控えましょう。

もし吐いてしまった場合は体から水分が出て水分不足になる事もあるので、水を小まめに取って対処するようにしましょう。

特に妊娠している方は気持ち悪い上にだるいし眠い状態が続くと思います。

つわりがある時はぬるい飲み物を控えて腹を温めるようして、頭痛がある時は冷たい物を控えてバナナなどを食べると良いです。

気持ち悪いと思った時は素直に座り、休む事を心掛けましょう。

食事を摂取する時はなるべく消化が良いお粥や梅干を食べるのがお勧めで、出来れば生姜を摂取すると体に優しいです。

生姜は体は体を温かくする作用があり、飲んでも効果があります。

生姜湯と呼ばれる飲み物があり、これは生姜小1に熱湯100㏄を混ぜて作る事が出来て、飲むとだるい、眠い、頭痛の原因を改善する事もあります。

妊娠して気持ち悪い状態が続く人には特におすすめします。


スポンサードリンク



だるくて眠い時の改善法とは


今からだるい、眠い、頭痛などの症状を治す方法を紹介するので、治したい方は毎日実践するようにしましょう。

だるくて眠い時の改善法

夜20時以降の食事は控える
間食を控える
夜寝る前のスマホやパソコンは止める
ビタミンB1を摂取する
ウォーキングを30分する
お酒を控える

以上がだるくて眠い時に有効な改善法です。

食生活は夜食と間食を控えてお酒を少量にするのが良く、ファーストフードやコンビニ弁当など避けるようにしましょう。

頭痛がある人は脳梗塞の疑いがあるので、ウォーキングをすると良いです。

ウォーキングは一時的に血圧を上げますが、時間が経過すると下げる事が出来て、脳梗塞に良い影響を与えてくれます。

妊娠して気持ち悪い人は無理をしないで安静にしましょう。

ビタミンB1は食欲を増進して疲労を回復してだるい時や眠い状態を改善してくれるので、この栄養を含む納豆を食べると良いです。

また納豆に含まれるイソフラボンは生理が原因の時も良くしてくれます。

納豆はコレステロールを排出するため脳梗塞の予防となるので、日頃から摂取するとあらゆる病気の原因を取り除く事が出来るのでおすすめです。

以上でだるくて眠い時の頭痛の原因について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ