狭心症の症状は肩こりと息苦しい時がある?改善法とは

最近妙に肩こりが酷い人や息苦しい時がある人は狭心症の症状の可能性があるので、チェックする方法を紹介します。


ここでは原因や改善方法なども紹介するので、気になる方は見てください。

最初に狭心症の症状は肩こりと息苦しい時以外にどのようなものがあるか説明して、次に原因と改善方法を解説します。


狭心症の症状


人間の体は常に血管から血液が流れていて、血液の中には栄養や酸素が含まれているためこれを全身に運ぶようにして体は循環しています。

血液を送り出す役割を持っているのが心臓となります。

心臓は寝る時でも送る役割を果たしていて、心臓に血液を送るのが冠状動脈と呼ばれる器官で、この冠状動脈に異常が発生した時に狭心症の症状が出ます。

この状態になると栄養と酸素が心臓に行かず体中に痛みを伴います。

今から狭心症の症状を説明するので、予備軍かもしれないと思っている方はチェックする事をおすすめします。

狭心症の症状

胸の痛みや圧迫感
息苦しい
腕の痺れ
歯ぐきの痛み
肩こり

以上が狭心症の症状となるので気を付けてください。

胸の痛みや圧迫が数十秒から数分続く事が多く、30分以上続く場合は心筋梗塞に悪化する事があるのでとても危険です。

その場合は手術が必要となるので、早めに対処しましょう。

狭心症の症状には安定性と不安定性の2種類に分かれており、安定性は運動時や決まった時間に症状が出るのが特徴です。

逆に不安定性はいつ症状が出るのか分からない事を言います。

また激しい運動や重労働な仕事をやっている時に異常が出るケースと安静にしていても発作が出るパターンと2種類あるとされています。

そのため日頃からいつ異常が出たか忘れないようにしましょう。


スポンサードリンク


狭心症の原因


日頃から肩こりがある人や息苦しい人は少なくありませんが、狭心症予備軍の方はこれら以外に特徴があるので、そちらを説明します。

それは血流の流れが悪い人や肥満の方などに該当します。

今から狭心症予備軍に当てはまる方をチェックしていくので、健康状態が悪いと言う方は調べて見る事をおすすめします。

狭心症予備軍チェック

メタボリックシンドロームの方
運動不足の方
水を小まめに摂取していない人
過度な飲酒をする人
高血圧な人
偏った食生活をする人

以上が狭心症の症状となるので、当てはまる人は気を付けましょう。

先ほどのチェックで全体的に当てはまる事は血液がドロドロの方が多く、血が固まって血栓が出来て動脈が詰まる可能性があるからです。

水を飲んでいないのも血がドロドロになるので、注意が必要です。

肩こりは生理前や風邪で来る事もあり、もし肩こりがある時に誰かに揉んでもらっても改善されない場合やすぐに元に戻る場合は診察してもらった方が良いです。

ちなみに階段を上っている時に息苦しいのも危険です。

特に普通に歩いているだけの時や皿洗いをしている時に急に息苦しい状態になるのは、狭心症の症状の可能性が高いので早めに病院に行きましょう。


スポンサードリンク



狭心症の改善法


今から狭心症にならないために血流の流れを良くする方法を紹介するので、今から出来る範囲で行い体を健康にしましょう。

狭心症の改善法

ウォーキングを20分行う
夜寝る前に水を飲む
間食や夜食を止める
噛む回数を増やす
お酒を少な目にする

以上が狭心症の改善に役立つので日頃から行いましょう。

ウォーキングは食後の30分後にすると効果が高く、早歩きで行うとかなり効果が上がるのでなるべく早めにする事を心掛けましょう。

ちなみに夜寝る前は血がドロドロになりやすいので水を飲みましょう。

これは睡眠中に全く水を取る事が出来ないため水分不足になる事が多いので、それを避けるためにも寝る前に水を飲みます。

間食や夜食は血液をドロドロにするので、控えた方が良いです。

噛む回数は20~50回ぐらいが目安で、食事を多く取る時は昼か夜7時までに食べるのがおすすめなのでそのようにすると有効です。

以上で狭心症の症状の肩こりと息苦しい時について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ