オメガ3脂肪酸の食材はコレステロールを減らす!?

最近はDHCの油が健康に良いと話題ですが、オメガ3脂肪酸と呼ばれる成分は健康を良くするだけでなくコレステロールを減らします。


ここではその成分を含んでいる食材の一覧を紹介したいと思います。

まずはオメガ3脂肪酸の効果を説明して、次に含まれている食材と美味しいココナッツオイルで作れるお菓子の作り方について解説していきます。


オメガ3脂肪酸の効果とは


人間の体にある不飽和脂肪酸の中でもオメガ3のリノレン酸とリノール酸は体で作る事が出来ないため、食材で摂取する必要があります。

そのためこれらの脂肪酸を「必須脂肪酸」と呼ばれています。

オメガ3脂肪酸は様々な健康効果があり、悪玉コレステロールを排出して血流を良くする作用があるので、現代人の荒れた食生活にはとても良いです。

悪玉コレステロールが減少するとダイエットにも有効です。

血流を改善する作用で糖尿病、高血圧、脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞を予防して、オメガ3脂肪酸は頭を良くするため認知症も予防出来ます。

これは記憶力も良くするので、受験生にもおすすめです。

また偏った食生活などで傷付いた腸内をオメガ3脂肪酸は治してくれて、胃腸炎などの炎症などの改善にも有効なので、胃の弱い人は摂取するべきです。

オメガ3脂肪酸はアレルギー症状も治してくれます。

その他にシミやたるみを治し老化を防止する作用があり、うつ病などの前向きになれない状態を改善して中性脂肪を燃焼して痩せる事が出来ます。

そのためダイエットしている人は摂取するのが良いと思います。


スポンサードリンク


オメガ3脂肪酸を含む食材


今からオメガ3脂肪酸を含む食材を紹介するので、これから摂取してコレステロールを減らしたい人や認知症の予防をしたい人は是非見てください。

オメガ3脂肪酸を含む食材

アジ、イワシ、鮭、秋刀魚、サバ
マグロ、ぶり、ハマチ、サーモン
豚もも肉、鶏もも肉、豚レバー、牛レバー
くるみ、ゴマ、カシューナッツ、アーモンド
エゴマ油、大豆油、米ぬか、油胡桃油
ココナッツオイル、しそ油、亜麻仁油、

以上がオメガ3脂肪酸を含む食材となるので、食べてみてください。

料理をする時にココナッツオイルを使って炒めると効果的で、ココナッツオイルにはラウリン酸と呼ばれる母乳に近い成分が多く含まれています。

この成分は風邪やウイルスを予防して、炎症を治してくれます。

またココナッツオイルは基礎代謝を上げるためダイエットに有効で、ニキビや乾燥肌も治すため皮膚が弱い子供に食べさせてください。

オメガ3脂肪酸を含む食材の中でもアジ、サンマ、サバの魚はとても多く含まれていて、ナッツ類はくるみが多く含まれています。

くるみ以外のナッツ類は少量しか含まれていないので、注意しましょう。

ナッツ類は割った後に放置して1日経過するとオメガ3脂肪酸が酸化して、効果が落ちてしまうので早めに食べるようにしましょう。


スポンサードリンク



ココナッツオイルの焼きリンゴ


オメガ3脂肪酸を含む食材の中でもココナッツオイルは優れているので、今からこの油を使った焼きりんごの作り方を紹介します。

ココナッツオイルの焼きリンゴの作り方

材料(2人分)

リンゴ      1個
ココナッツオイル 大さじ2
シナモン     少々

1 まずリンゴを丁寧に洗って農薬を綺麗に流します。
2 次に4等分に切って種の部分を包丁で取り除きます。
3 4糖分にしたリンゴを8等分に切ります。
4 フライパンにココナッツオイルを温め液体状にします。
5 次にリンゴの両面がキツネ色になるまで均等に炒めます。
6 最後に器に乗せてシナモンを上から掛けます。

以上がココナッツオイルの焼きリンゴの作り方となります。

リンゴを切る時に4糖分や8等分が分からない方は食べやすいサイズに切るのがおすすめで、歯ごたえが残るぐらいに切ると良いです。

ちなみにアイスを乗せると美味しいのでそちらも試してみてください。

リンゴ焼きにしなくても他のお菓子を作る時に使う油をココナッツオイルに変えるだけでも良いので、日頃から摂取すると良いです。

以上でオメガ3脂肪酸を含む食材とコレステロールついて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ