カシューナッツの食べ過ぎで便が下痢?腹痛で気持ち悪い!?

よくスーパーなどで売ってあるカシューナッツはとても美味しいですが、食べ過ぎると便が下痢になったり、腹痛で気持ち悪くなることもあります。



そのためここでは副作用の症状を対策する方法を紹介します。

まずはカシューナッツを食べ過ぎるとどのような症状が出るか説明して、次に栄養が体にどう影響するか解説します。


カシューナッツを食べ過ぎた時の副作用


あのカリッとした食感が病みつきになり、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いのですが、カシューナッツを過剰摂取すると腹に溜まっていきます。

そして気持ち悪い状態が続き嘔吐をする事もあります。

それ以外に食べ過ぎて腸内で脂肪分と水分が分離するため、便が下痢になり腹痛を伴う事があるので、カシューナッツの過剰摂取は良くありません。

またダイエット効果があると言われていますが、食べ過ぎると効果はありません。

カシューナッツの様なナッツ類はカロリーが高い事が多く、少し食べるだけならダイエット効果も期待出来ますが、食べ過ぎた場合は逆に太ります。

そのため気持ち悪い状態になるまで食べ続ける事は良くありません。

便が下痢になって腹痛がある時は食べ物を摂取するのを控えて、水を小まめに取る摂取方法が良いので、そのように対処しましょう。

その他にカシューナッツでも無塩でないものは注意が必要です。

塩が含まれているものは高血圧や糖尿病に繋がるので避けて、加工時に付着した油でニキビが出る事もあるのでそこも考えて食べましょう。

カシューナッツは1日の量は片手で掴めるぐらいの量まで食べるのが良いです。


スポンサードリンク


カシューナッツの美容効果


最近テレビなどでオレイン酸と呼ばれる体に良い油の事を聞く事がありますが、実はカシューナッツにはこの油がとても多く含まれています。

一見カシューナッツは高カロリーで太りやすいイメージがあります。

しかし、100%の脂肪の内60%がオレイン酸を占めていて、この油は悪玉コレステロールを体内から排出する事が出来る作用があります。

そのためダイエットに有効でで、様々な病気を予防します。

例えば動脈硬化、高血圧、糖尿病、脳卒中、心臓病などを予防して、さらにオレイン酸は便を柔らかくして便秘を改善させる作用もあります。

そのためカシューナッツは食べ過ぎなければとても体に良いです。

カシューナッツにはミネラルと呼ばれる成分が含まれていて、この成分は体にある余分な水分を取り除くためむくみを改善してくれます。

なので最近手足や顔がむくみで酷いという方にお勧めできます。

またカシューナッツには亜鉛が含まれていて、この栄養は髪を育成して抜け毛を防ぐため、最近抜け毛が酷いという方にも有効です。

しかし、ストレスで消費する事があるので、日頃から摂取するのが大切です。


スポンサードリンク



カシューナッツの美味しい食べ方


普通に食べても美味しいのですが、カシューナッツは炒めるとさらに美味しくなるので、今から簡単なレシピを紹介します。

カシューナッツのつまみ

材料

カシューナッツ 好きなだけ
塩コショウ   少々
黒胡椒     少々(あれば)

1 まずフライパンにカシューナッツを入れて弱火で炒めます。
2 焦げ目が付くまで炒めたら塩コショウを好きなだけ振ります。
3 最後に黒胡椒を掛けて出来上がりです。

以上がビールに良く合う美味しいつまみとなります。

食べ過ぎると良くないので分量をキチンと守って食べる様にするのが大切で、ビールのつまみにすると美味しいですが体には良くないです。

特に夏にビールとカシューナッツを食べると最高です。

ビタミンB1と呼ばれる疲労回復と食欲増進作用のある成分が含まれている事から、夏に食べると夏バテを防いで元気になれます。

そのため夏や元気が無い時などに食べると前向きになる事が出来ます。

便が下痢になって腹痛がある時は楽な姿勢を心掛けて生活して、気持ち悪い時は安静に過ごすと体に良いのでおすすめです。

以上でカシューナッツの食べ過ぎの副作用について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ