じゃがいもの芽はどのくらい取り除くべき?危険性とは

じゃがいもの芽が危険って聞いたけどどのくらい危険なんだろう?と思う方に症状と取り除く方法を教えたいと思います。


普通に取るだけでは摂取してしまうので、ここは注意が必要です。

最初にじゃがいもの芽がどのくらい危険なのかを説明して、次に取り除く方法を解説していくので是非見てください。


じゃがいもの芽の危険性


料理をする時にじゃがいもの芽を取るのが面倒だしそんなに体に悪いもんじゃないだろうと考えるのは危険で、摂取しすぎると死に至る事もあります。

じゃがいもの芽や緑色の皮には「ソラニン」という毒が含まれています。

それ以外にチャコニンという似た毒を持ち、これらはあの「サリン」と似ていて、食べると頭痛、下痢、嘔吐、胃の荒れ、めまいなどが出ます。

ちなみにじゃがいも事態が緑の物を1個食べると死に至る確率は高いです。

体重50㎏の成人が50mgのソラニンを摂取すると食中毒症状を引き起こす可能性が出て、150~300mg摂取すると亡くなる人も出てきます。

子供の場合は大人に対して10分の1の分量で影響します。

じゃがいもの分量で例えると1㎏程食べると食中毒症状が出ますが、子供は芽が付いたものを1個食べると出るのでとても危険です。

特に小さいじゃがいもはソラニンの分量が多いので気をつけましょう。


スポンサードリンク


じゃがいもの芽はどのくらい取り除くべき?


どのくらいじゃがいもの芽を取り除くと毒を摂取しなくて済むんだろう?と疑問に思っている方はまず厚めに皮を削ぐ事を意識しましょう。

芽を取り除く時も通常よりも深めに削る事をお勧めします。

周辺を大きく取り除くのが効果的で、緑色の皮もソラニンを含んでいるため厚めに取って料理すると良いです。

皮を削いでもじゃがいもが緑なら捨てるようにしましょう。

芽を取り除く時は皆さんがよく知っている包丁のアゴの部分で深めに削るようにすると良く、削った後は食べても問題ありません。

摂取してどのくらいで食中毒を起こすのかについては個人差があります。

基本的には摂取して20分~数時間で症状が発症すると言われており、治す薬などは無いのでとにかく安静にさせておけば症状は改善されていきます。


スポンサードリンク



じゃがいもの芽を出さない方法


どのくらいじゃがいもの芽が危険か分かったと思うので、次は取り除くという方法以外で食中毒症状を阻止する方法を教えます。

それはじゃがいもの芽を出さないようにする方法です。

その方法はじゃがいもを保存している場所にリンゴを1個入れるという方法で、リンゴにあるエチレンガスが芽の発生を弱めてくれます。

基本的に日光や光がある場所に放置していると出やすくなります。

そのため明るい場所を避けて、温度が30℃などの高い温度所の場合は芽が出やすくなるので、5~10度の涼しい場所に保管すると阻止できます。

新聞紙に包んで保管する事が一般的とされています。

農業で育てて食べている人は乾燥した日が2~3日続く時に収穫するのが良く、じゃがいもを外に出したら表面が乾いてから保存しましょう。

すると腐らずに収穫が可能です。

子供が料理でじゃがいもを使う際は親がよく見て上げる事が大切で、芽がどのくらい危険なので説明しながら取り除く方法を教えましょう。

じゃがいもの芽はどのくらい取り除くのかについては以上となります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ