亜鉛の取りすぎは貧血や下痢になる!?1日の摂取量とは

髪を生やすために亜鉛サプリを摂取する方は多いですが、実は取りすぎると副作用で貧血や下痢の症状が出るとされています。



ここでは副作用を阻止する方法や育毛効果を阻害するものについて説明します。

まずは亜鉛の効果を解説して、次に副作用で下痢や貧血意外にどのような症状が出るのか説明したいと思います。


亜鉛の効果


人間が細胞を上手く作れるのは亜鉛のお蔭で、全く摂取しない人は歳を取っても幼く見えたりするなどの成長障害が出る事もあります。

そのため成長期の子供には特に摂取させる事が大切です。

亜鉛はミネラル成分でもあるので、女性がなりがちな骨粗しょう症などを防ぐ事が可能であり、それ以外にも様々な効果があるので説明します。

亜鉛の効果

新陳代謝を正常に保つ
体を成長させる
味覚を正常に保つ
免疫力を高める
活性酸素を減少させる
血糖値を下げてインスリンを作る
気分が前向きになる

以上が亜鉛の効果となるので、是非摂取しましょう。

亜鉛を摂取して育毛作用に期待する人がいますが、規則正しい生活を送って食事も健康的なものを食べないとその効果は期待出来ません。

しかも亜鉛の吸収率は30%とされていて、ほとんど吸収出来ていません。

これを上げるためにはビタミンCなどと一緒に摂取するのが良く、活性酸素は体を老化させる作用がありますが、取り除いて老化防止に期待出来ます。

そのため歳を取りたくないという人にもおすすめできます。

血糖値を下げる作用があるため、糖尿病や高血圧の予防となり、気分を前向きにしてくれるので、ネガティブな人は積極的に摂取するべきです。


スポンサードリンク


亜鉛の取りすぎで貧血!?


実は亜鉛を取りすぎて貧血や下痢の症状で悩む方もいて、これはサプリなどで過剰摂取したことにより起こるようです。

なぜこのような事が起こるのか説明すると鉄、銅、亜鉛が関係しています。

これはじゃんけんの様な関係で鉄分や銅を取りすぎると亜鉛の吸収が阻止され、逆に亜鉛を取りすぎると鉄分と銅の吸収を邪魔するようになっています。

鉄分の役割はヘモグロビンを作るため血液から酸素を運びます。

またヘモグロビンを作る際に銅が「スーパーオキシドジムスターゼ」という成分を動かせる役割を持っているため、減少すると動かなくなります。

すると鉄分と銅が不足しte貧血を起こすため、亜鉛の取りすぎは危険です。

亜鉛を1日30mg以上摂取すると貧血や下痢の症状を引き起こす事があり、吐き気や頭痛の症状が出る事もあるので注意しましょう。

サプリの裏側にどれくらいの量が入っているのか確認すると安全です。

しかし、最近の亜鉛サプリは中々バランスの取れた形で作っている事も多いので、毎日決められた分量を摂取すると基本的には大丈夫です。

取りすぎても髪が早く伸びるという事は無いので、気を付けましょう。


スポンサードリンク



亜鉛が消費する原因


体を作る事に必要な栄養と思われがちですが、実はストレスなどの精神的なものを回復するためにも亜鉛は必要となってきます。

しかし、その分消費されていくのが特徴で、その度摂取しなければなりません。

亜鉛を取りすぎて下痢や貧血になるのも問題ですが、実は消費される原因は日常生活に多くあるので説明していきます。

亜鉛が消費する原因

ストレスを感じた時
過度なアルコール摂取
激しい運動した時
重労働な仕事をした時
病気によるもの
服用している薬

以上が亜鉛を消費する原因となるので、避けた方が良いでしょう。

ストレスを感じた時はなるべく好きな事をやるのがおすすめで、好きな曲を聴いたり、そこら辺を歩くだけでも発散する事が可能なのでおすすめです。

一番良いのは寝る事で、睡眠は亜鉛の効果を生かしストレス発散も出来ます。

ちなみに重労働な仕事や運動でも消費されるため、疲れた時に摂取して寝ると育毛作用に期待出来るので、そのようにしましょう。

またお酒もほどほどにしないと効果を実感できるのは難しくなります。

ちなみに亜鉛を取りすぎて下痢が出た時は水を多く飲んで水分不足を防ぎ、貧血になった時は納豆を食べて鉄分を摂取すると良いです。

以上で亜鉛の取りすぎは貧血や下痢になるについては終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ