ロタウイルスワクチンの効果と接種時期!費用とは

冬からロタウイルスが流行となりますが、ワクチンを受ける必要はないんじゃないかなぁと疑問に思っている方に重要性をお伝えします。



ここでは注射による効果と接種時期について説明します。

まずはロタウイルスワクチンの重要性について説明して、次に効果や摂取時期を解説するので、お子さんがいる人は見てください。


ロタウイルスワクチンの効果


健康な子供でも5歳までは100%感染するとされていて、小さな子供が感染すると重症化しやすいのが特徴で、入院治療をするケースもあります。

幼児の3割が0歳で感染して、4割が1歳で掛かるとされています。

恐ろしいのは5歳以下でロタウイルスに感染した子供の約17%が死に至ったという真実で、ロタウイルスワクチンの重要性はとても大きいです。

しかし、一度感染すると免疫が付くため、その後は軽症で済む事が多いです。

ロタウイルスワクチンの効果がお勧めできる点は、重症化しやすい時期である小さな子供に打たせると防ぐ効果を有効に活用できます。

大人の場合は軽症で済む事が多いため、それまでは感染から守るのが良いです。

ロタウイルスに感染すると7日間の間下痢や嘔吐の症状が続き、水分不足になりがちなため水分補給を頻繁にしなければなりません。

症状は1~2日で収まるとされているので短いですが、かなり激しいです。

もし感染してしまったら便の色が白色になるので、こちらの方で感染してしまったのかどうかを簡単に確認する事ができます。

感染する前の子供は特にロタウイルスワクチンの効果で予防するのがお勧めです。


スポンサードリンク


ロタウイルスワクチンの接種時期


実はロタウイルスワクチンには2種類あり、一つはロタリックス(2回接種)、二つ目はロタテック(3回接種)と分けられています。

どちらも効果があるので、好きな方を選んでもらうと良いです。

基本的にロタウイルスワクチンは生後6週間から接種時期に入りますが、別の病気を予防する注射もあるため、少し遅れるのも問題ありません。

しかし、接種時期には期間があるため注意しなければなりません。

ロタウイルスワクチンの接種時期に制限がある理由は、腸重積症という病気が幼い子供は発症しにくいので、避ける時期を選ばなければならないからです。

今からロタウイルスワクチンの期限を紹介するので、よく見てください。

予防接種の接種時期

ロタリックス

1回目は生後6~20週後までの期間
2回目は生後10~24週後までの期間

ロタテック

1回目は生後6~24週後までの期間
2回目は生後10~28週後までの期間
3回目は生後14~32週後までの期間

以上がロタウイルスワクチンの接種時期となります。

注意するべき点は1日でも期間から過ぎる場合は予防接種は不可能で、接種後の4週間は他のワクチンを打つことが出来なくなってしまいます。

そのため医者とスケジュールを相談して考えるのが良いです。

ロタウイルスワクチンは3回打った方が効果が高いですが、2回でも充分効果はあるので、それほど気にしなくても問題ありません。


スポンサードリンク



ロタウイルスワクチンの費用


子供のためにも接種時期までにロタウイルスワクチンを注射させようと考えている人は、費用の事も考えなければなりません。

予防接種の値段は高いため金額は多めに持って行った方が良いです。

ロタウイルスワクチンの費用は15000円、12000円、7500円など病院によって異なりますが、相場は1万円前後とされています。

2回で終わらせても効果はあるので、お金が無い人は無理をしない方が良いです。

ロタウイルスワクチンの費用を安くするには自分の近くにある病院に電話をして、料金を確認して一番安い所に選ぶと安く済みます。

全くお金が無い人は任意の注射なので、しなくても問題ありません。

しかし、ロタウイルスに感染した人が小さい子供のそばにいると感染する事もあるので、接種時期までに受けた方が良い事もあります。

マスクやうがいだけでは予防出来ないので、冬や春は特に注意しましょう。

手洗いでもロタウイルスは消滅する事はなく、治療方法も現在ないので注射の効果で予防するのが適しているので出来れば2回受けた方が良いです。

以上でロタウイルスワクチンの効果と接種時期について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ