リコピンの効果は時間帯でダイエット効果を上げられる!?

よくトマトに含まれているとされているリコピンは女性が好んで摂取しがちですが、実はダイエットにも有効な事が判明しています。


ここでは痩せる効果を上げる時間帯も教えるので、気になる方は見てください。

最初にリコピンの効果が一体どんなものか説明して、次にどのような時間帯に摂取するとダイエット作用が上がるのか解説します。


リコピンのダイエット効果


摂取すると本当に痩せられるのだろうか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、実際にダイエット作用はあります。

リコピンの効果は悪玉コレステロールを排出する事が判明しています。

悪玉コレステロールは中性脂肪を増やす原因とされていて、それだけではなく血液をドロドロにするため悪玉は健康にとても悪いです。

善玉は残したままにしてくれるのが、リコピン効果の素晴らしい点です。

そのためダイエットに有効なだけでなく血圧を下げて糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、高血圧などの病気を予防する事が可能です。

さらに新陳代謝を上げる効果があるので、痩せやすい体質を作ってくれます。

昔フィンランドでリコピンを摂取させて本当にコレステロールを下げる事は出来るのか、21人の健康な人に3週間摂取させる研究が行われました。

その内容はトマトジュースを1日数杯飲むという研究内容でした。

3週間後実験に使われた方は悪玉コレステロールを13%減少させる事に成功して、さらに通常のコレステロールを6%減らす事に成功しました。

しかし、個人差があるのでまずはダイエット効果を試すのが良いです。


スポンサードリンク


リコピンの効果を上げる時間帯


せっかくダイエット効果があると分かっていても、時間帯を上手く使わなければリコピンの効能を最大限に生かす事は出来ません。

時間帯でおすすめなのは夜寝る前や入浴が終わった時が良いです。

基本的にリコピンは体に吸収されるのに7~8時間は掛かるとされているので、体に浸透しやすい寝る前が一番適した時間帯と言えます。

ちなみにダイエット効果は運動で痩せる効能を上げる機能も高めます。

そのためこれから少し運動して来ようかなぁという方も事前に飲む事がおすすめなので、必ずしも夜寝る前の時間帯に摂取しなくても良いです。

トマトとトマトジュースではジュースの方がリコピンの吸収率が高いです。

ジュースの方が効果を感じやすいためこちらを毎日150~200ml摂取するのがお勧めで、オリーブオイルを小さじ1入れると吸収率が劇的に上がります。

そのため嫌いじゃない人は混ぜて飲む事をおすすめします。

夜寝る前の時間帯に飲む事が出来ない人は特にこれがおすすめで、リコピンの吸収率は1,5倍ほどになるため、ダイエット効果はとても高くなります。

ちなみにトマトで料理をする時でもオリーブオイルを入れると有効です。


スポンサードリンク



リコピンの美容効果


ダイエット効果は時間帯で上げる事が出来ますが、リコピンは痩せるだけが効能ではなくとても高い抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用とは体内にある活性酸素を取り除いてくれる優れた成分です。

活性酸素は体を老化させて体の至る部分を悪くする成分の事で、リコピンの効果はこの成分を排泄してくれる作用があります。

それだけでなく肌を潤させて白い美肌にする事が可能です。

女性にはこの作用が好きで飲む事が多いですが、シミやソバカスも防いでくれるため、紫外線が強い夏に飲むとリコピンの効果を生かす事が出来ます。

この場合でもダイエットと同じように夜寝る前の時間帯がおすすめです。

飲みまくって夏の紫外線から肌を守ろうと考えるのは良いのですが、1日900ml以上飲むと肌が白くなるどころか黄色になります。

これはカロテノイド色素による副作用なので、適量を守って飲みましょう。

ちなみに塩分は高血圧に貢献してしまうため、トマトジュースを選ぶ際は無添加で無塩のものを購入するとリコピンの効果を阻害しません。

以上でダイエットに有効な時間帯について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ