くるみの栄養はオメガ3で美容効果がある!?

噛んだ瞬間カリッとして香ばしい風味があるくるみはとても美味しいですが、実は栄養の方もとても体に良いそうです。



その中でも「オメガ3」と呼ばれる聞きなれない成分が美容に有効なそうです。

最初にくるみの栄養について説明して、次にオメガ3という成分がどのような美容効果を発揮してくれるのか紹介します。


くるみの栄養


栄養が豊富とされているくるみは意外にも7割程が脂肪分とされていて、かなりのエネルギーを含んでいる事が分かります。

しかし、その半数はリノール酸という脂肪分で出来ています。

このリノール酸は体の血流を良くして動脈硬化や高血圧の予防となり、基礎代謝を正常に保ち老廃物を排出してくれるため美容にも有効です。

くるみの栄養にはカリウムと呼ばれる体の塩分を排出する成分も含まれています。

そのため糖尿病や脳梗塞も予防する事が出来て、余分な塩分を排出するためむくみを改善して美容効果に期待出来ます。

それ以外にカロチン、ビタミンB1、ビタミンE、カルシウム、鉄、リンなども含まれています。

カロチンは抗酸化作用で体の老化を防いでくれる効果があり、ビタミンB1は食欲増進や疲労回復があるので、夏バテ対策としてくるみの栄養は有効です。

カルシウムはイライラを抑えて、骨粗しょう症を防ぐので女性におすすめです。

最近シミやソバカスが増えてきたという人は、くるみに含まれているビタミンEで予防をするのが有効で、ホルモンバランスが崩れていても治してくれます。

そのため生理がおかしいという人には嬉しい栄養です。


スポンサードリンク


オメガ3の美容効果とは


くるみには「オメガ3」と呼ばれる美容に有効な脂肪酸を含んでおり、摂取すると肌を綺麗にしてくれる作用があります。

それだけでなくコレステロールや中性脂肪を排出してくれます。

オメガ3は美容に有効なだけでなく脳卒中、肥満、高血圧、糖尿病を防いでくれる作用があり、くるみはこのオメガ3をナッツ類の中でも最も多く含んでいます。

くるみ以外は量がそれほど多くないので、注意が必要です。

またオメガ3は血中の悪玉コレステロールを排出してくれる作用もあり、抗酸化作用によって老化を防ぐ効果がある栄養です。

しかし、美容効果を上げるために摂取方法に気を付けなければなりません。

それはくるみを割って放置する事で、この状態で1日放置するとオメガ3が酸化して美容効果が落ちるので、注意しなければなりません。

そのため食べる直前に割って食べる事をおすすめします。

美容に有効なだけではなくアレルギーを抑えて、気分を前向きにする作用もあるので、最近憂鬱な気分だなぁという方も食べてみるべきです。

ちなみにしわやたるみの改善にも有効なので、改善したい方は摂取しましょう。

最近関節が痛むという方にもくるみはおすすめで痛みを緩和して、子供の脳などを発達させる作用があるので、そのような方も食べましょう。


スポンサードリンク



くるみの食べ過ぎによる副作用


オメガ3の美容効果は素晴らしいのですが、食べ過ぎると副作用を伴う事があるので、栄養が良いからと言って食べ過ぎは良くありません。

その副作用とはニキビが発生する事です。

これはくるみによる副作用ではなく加工する時に付着した油が原因で、特に油やバターがびっしり付いている場合は注意した方が良いです。

また塩が付いているくるみもカリウムの効果を落とすので、お勧めできません。

くるみの摂取量の目安は手の平の半分ぐらいが適量で、分からない人は7gを目安に毎日摂取すると必要な栄養量を摂取出来ます。

ちなみに食物繊維が含まれているため、食べ過ぎるとお腹が緩む事もあります。

食物繊維とオメガ3の二つを持つくるみはダイエット効果が高く、また満腹中枢を刺激するので、ダイエットしたい方にはお勧めです。

満腹中枢を刺激しやすいのは、あの独特の噛みごたえのお蔭です。

しかし、満腹中枢が刺激されるだけあって、目の前に美味しいものがあっても食べる気になれない事があるのが裏目に出る事もあります。

以上でオメガ3の効果と栄養の美容効果について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ