冷房病のむくみやのどの痛みを治す方法とは

5月辺りから既に熱くなってきますが、クーラーを使いすぎて冷房病になる女性はとても多いので、ここでは治す方法を紹介します。



むくみやのどの痛みを改善する方法も説明するので、気になる方は見てください。

まずは冷房病の原因となる要因について説明して、次にむくみやのどの痛みを改善する方法を紹介します。


冷房病の原因


人の体は環境の温度によりある程度その環境に慣れるために適した状態を作る事が出来ますが、急激な温度変化の場合はそのバランスを崩してしまいます。

夏の外は35度以上の猛暑なのに家の中は25度ぐらいとかなり差があります。

冷房病はこの二つの変化の激しい気温に対応する事が出来ずに発症する病気で、むくみやのどの痛みの症状を伴います。

むくみやのどの痛みだけでなく冷房病は様々な症状を引き起こします。

その症状は主に体のだるさ、イライラする、手足の冷え、肩こり、下痢、体のしびれ、肌荒れ、腰痛などの症状を引き起こします。

女性がクーラーに当たる時は温度設定を高めにする特徴があります。

これは男性よりも女性の方が体温が低い事から低めに設定する事が分かっていて、家に居る事が多い女性は男性よりも冷房病の発症率が高いです。

また成人女性の9割は冷房病に掛かっている事が判明しています。

特に若い女性の方は筋肉量が少なく痩せている方が多いので危険な事が多く、筋肉が多い人は代謝が良く体温が高い方が多いので少し安全です。

これらの事から特に女性は気を付けなければなりません。


スポンサードリンク


むくみとのどの痛みを治す方法


現在冷房病に掛かってむくみやのどの痛みに苦しめられている方に改善する方法を紹介するので今から紹介する方法を試してください。

むくみとのどの痛みを治す方法

10~20分の半身浴をする
靴下やマフラーで体を温める
首回しを1日3回する
生姜湯を毎日飲む

以上が冷房病の症状を治す方法なので是非試してください。

足や顔にむくみが出来ている人はまず半身浴を行うのが良く、これをすると血行を流れを通常の状態に戻して改善してくれます。

冷房病は体を冷やして血流を悪くするので、むくみの症状が出ます。

顔にむくみがある人はその場でする事が出来る首のマッサージをするのが効果的で、これは首を左右にゆっくり回すだけで良いのでお勧めです。

のどの痛みがある人はのど飴を舐めると有効なのでお勧めです。

それ以外にマフラーでのどの部分を温めるのも有効で、生姜小1と熱湯100㏄を混ぜて作った生姜湯を毎日朝と夜飲むと改善が早いです。

生姜は体を温める作用があるので、のどの痛みだけでなく冷房病にも有効です。

この飲み物は美味しくないから嫌だという人はハチミツを入れるとのどに優しく改善効果が高く、特に冷たい物は悪化する事があるので控えましょう。

逆に温かい物を飲むと有効なので飲む事をおすすめします。


スポンサードリンク



冷房病の改善法


先ほど紹介したむくみとのどの痛みを改善する方法でも充分効果があるので、あちらの方も良いのですが、簡単に出来る冷房病の改善法を教えます。

冷房病の改善法

クーラーのある室内は厚着で生活する
温度の設定を少し高めに設定する
暑い所でたまには過ごす事にする
ビタミンBを摂取する

以上が冷房病の改善法となるので是非試してください。

職場では上司や社長がクーラーの温度を設定する事が多く、女性の方は特に寒い思いをする事もありますが、自分の意見を聞いてくれない事も少なくありません。

そんな時は厚着で過ごすのが有効なので、そのようにすれば冷房病を防げます。

家でいる時はクーラーの温度の設定が可能だと思いますが、冷房病に掛かる人は温度を低めに設定する方が多いですが、27、28度が一番良いです。

この温度ならこの病気に関わらずのどの痛みやむくみにも無縁です。

また涼しい場所ばかりいたら完全に暑さに対抗できない体になってしまうので、たまには暑い外で過ごす事をおすすめします。

そうしていれば外で過ごしても夏バテになりにくいです。

ビタミンBを摂取すると暑い夏でも食欲を増進して疲労を回復するためおすすめで、特に部活動や外で重労働の方にはおすすめの栄養です。

以上で冷房病のむくみとのどの痛みについて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ