寝不足で頭痛と吐き気?こめかみの痛みや改善する方法とは

最近寝不足のせいか頭痛や吐き気がするけどこめかみも痛いなど症状に悩まされている方に原因について解説します。



また改善法も紹介するので、治したい方は見てください。

最初に寝不足でなぜ頭痛や吐き気の症状を伴うのか説明して、次にこめかみの痛みや改善方法を紹介していきます。


寝不足で頭痛と吐き気が出る理由


仕事で忙しい方や夜更かしが好きな人は寝不足になりやすく、そのような人は体を休ませることなく筋肉に疲労を掛けているのが特徴です。

通常は寝た状態になると体の歪みを治して、体の疲労を取り除きます。

まったく睡眠を取らない人は体に溜まった疲労を取り除く事が出来ずに、疲労が溜まりきったら筋肉が神経に圧力をかけて頭痛や吐き気を伴います。

それだけでなく寝不足でこめかみに痛みを伴う方もいます。

しかし、寝不足だけが原因という訳ではなく、中にはいくら寝ても疲れが取れずに頭痛、吐き気、こめかみの痛みに悩まされる方がいます。

その原因は偏った食生活、ストレス、過度な飲酒が原因です。

偏った食事を取っていると肝臓が疲れて、寝ても疲れたままだったりすることもあり、ストレスも睡眠の質を落とす事が判明しているため油断できません。

特に人間関係のストレスは大きな要因なので注意が必要です。

また寝る前にスマホやインターネットなどの電気を使うメディアを見ていると睡眠の質を落として、寝不足になる事もあるので気を付けましょう。

寝る前にはこれらの行為を止めると寝不足が少しは良くなります。


スポンサードリンク


寝不足やこめかみの痛みを治す方法


忙しくて寝る事が出来ずに疲れて、吐き気や頭痛を伴っている人は体を温めるのが治すのに有効で、こめかみが痛む人にもお勧めです。

これはお風呂に10~20分ゆっくり浸かるのがおすすめです。

それ以外に首にマフラーを掛けて靴下を履いていると体を温めて疲れが取れるためおすすめで、疲れた時はそのようにすると良いです。

これは疲れや寝不足で吐き気、頭痛、こめかみの痛みを伴う方に有効な方法です。

お酒の飲み過ぎで症状が出ている人は首周りを濡らしたタオルなどで冷やすのが良く、アルコール濃度を他の物をで薄めて飲むのが有効です。

こちらの場合は体を温めるのは逆効果なので気を付けましょう。

ストレスを抱えている人は好きな事をするのが一番良いのですが、出来ない場合は嫌な事をひたすら紙に書く事がおすすめです。

これは嫌な事を忘れさせる効果があるので、特に有効な方法です。

疲れで頭痛や吐き気を伴う方はビタミンBやビタミンCを摂取すると疲労を回復できるので、CCレモンや納豆を摂取しましょう。

こめかみの痛みにも有効なので、日頃から健康な食生活を送りましょう。


スポンサードリンク



頭痛や吐き気の対処法


仕事中に突然頭痛や吐き気の症状が出た時は困ると思うので、今から紹介する対処方法を行い対応することを心掛けましょう。

頭痛や吐き気の対処法

水分を小まめに飲む
吐き気がある時は食事を取らない
出来るだけ楽な姿勢で安静に過ごす
痛む部分を保冷剤などで冷やす
なるべく光や音がない所で過ごす

以上が頭痛や吐き気の対処方法なのでおすすめします。

寝不足によるこめかみの痛みにも有効なので、体に異常が出たら無理せず体を横にして楽な姿勢を維持すると体に良いです。

吐き気が出て吐いてしまったら水分を素早く摂取する事が大切です。

嘔吐や下痢は水分も同時に排出されて水分不足になる原因となるため、水をその分多く取らなければ体に悪いです。

寝不足で頭痛がある時は暗い部屋で寝ると改善が早くてお勧めです。

コーヒーを飲むのも有効とされていて、1日1杯なら痛みを和らげるのですが、多く飲み過ぎると体に悪いため注意して飲むようにしましょう。

これは頭痛だけでなくこめかみの痛みにも有効ですが、少し注意が必要です。

寝不足の症状で吐き気も同時にある場合は、コーヒーは荒れた胃には刺激が強いので飲んでしまうと体に悪いので避けるようにしましょう。

以上で寝不足による吐き気やこめかみの痛みについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ