新じゃがの皮が緑色で芽があるものは食中毒を引き起こす!?

新じゃがはとても美味しいですが、皮が緑色の時や芽があるものを食べると食中毒になる事があるので大変危険ですが食べる方法はあります。



ここでは食べてしまった時に身体に出る危害を説明したいと思います。

まず新じゃがの皮が緑色の時と芽があるものにどんな危害を及ばせる成分があるのか解説して、避ける食べ方を紹介したいと思います。


新じゃがの皮が緑色の時は食べれるの!?


皮が緑色になっているのを見ても普通に食べれるでしょという考え方は危険で、これは新じゃがの芽にも含まれている「ソラニン」が危険なのです。

しかし、皮を厚めに取ると食べる事が可能です。

この時の注意点は皮を取っても新じゃがの色が緑色の場合はまた削り、それでも緑色の場合はソラニンが充満しているので食べない方が良いです。

そうしなければ食中毒にかかる危険性が出てきます。

ソラニンってなんだろう?と思う方に簡単に説明すると食中毒を引き起こす成分で、食欲不振、頭痛、下痢、胃炎、嘔吐などの症状を引き起こします。

新じゃがの皮や芽の緑色の部分が危険なのでそこは捨てるようにしましょう。

芽は包丁で取ると普通に食べる事が出来るのですが、削る時芽の部分だけ綺麗に取り除くのではなく少し深めに削ると予防に効果的です。

実は毎年小学校の給食でじゃがいもの食中毒が起きているので注意が必要です。


スポンサードリンク


新じゃがの食中毒を防ぐ方法


緑色の皮と芽が付いている新じゃがは危険と分かったと思うので、次に簡単な予防法を紹介したいと思います。

新じゃがの食中毒予防法

新じゃがはなるべく早く食べる
涼しい場所に保管する
緑色の部分が少しでもあれば皮は食べない
摂る時は傷をつけない

以上が食中毒を予防する方法となります。

170度以上の油で新じゃがを揚げるとソラニンの含有量を減らす事が可能なので、油で揚げるような料理がお勧めできます。

それでも緑色の物は避けるようにしましょう。

新じゃがというよりもじゃがいも全般に言える事は5度くらいの薄暗く寒い場所が保存場所に適しているのできちんと保存しましょう。

この保存をしなければ芽が出るのが早めるので気を付けましょう。

緑色の物でも火を通してもソラニンを消滅させる事は不可能なので、食べる事は避けてゴミ箱に捨てるようにしましょう。


スポンサードリンク



ソラニンの危険性


新じゃがの皮や芽に含まれているソラニンは一度摂取してから30分~半日に渡って先ほど説明した症状が出てきます。

現在ソラニンの解毒薬は無いので確実に食中毒を阻止しましょう。

恐ろしいのは全体が緑色に浸食された新じゃが一つを食べれば死に至るケースもあるので、少しぐらい食べても良いという考え方は危険です。

特に小さいサイズの物はソラニン含有量が多いので危険です。

新じゃがを水にさらすとソラニンを水に溶かす事が出来て、含有量が減らせるのでお勧めですが基本は緑色の皮と芽に注意しましょう。

小学校で17人もの生徒が食中毒を出したこともあります。

ちなみにソラニンが含まれている緑色の皮や芽は苦味があるので、危険以前に食べる事自体賢い事ではないので避けましょう。

以上で新じゃがについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ