消化不良で吐き気や頭痛と下痢の対処と治療法について

突然消化不良を引き起こして吐き気、頭痛、下痢などの症状がなぜ出るのか、気になる方は多いと思うので原因と対処法を教えます。


簡単な改善方法も教えるので、気になる方は見てください。

最初に消化不良や吐き気を伴い頭痛や下痢が出る原因について説明して、次に対処法と治療方法を紹介します。


消化不良や吐き気の原因とは


近代の食生活は荒れていて主に、暴飲暴食、刺激物の強い食べ物、脂肪の摂り過ぎ、過度なアルコール、偏った食事、早食いなどが消化不良の原因となります。

刺激が強い食べ物は唐辛子やにんにくで、食べ過ぎは良くないです。

消化不良を引き起こすと吐き気、下痢、頭痛などの症状を伴い、唐辛子は食べ過ぎなければ胃腸を回復させるため、効果的なのですが摂取し過ぎると逆効果です。

問題のある食生活を送っている人は消化酵素を分泌できず症状が出ます。

これは胃の中に刺激のある成分を摂取すると胃酸の分泌が荒れて、膵臓が生み出す消化酵素を分泌量が減り、消化不良を引き起こします。

また早食いは消化に時間が掛かり、吐き気、頭痛、下痢の原因となります。

消化不良の原因はストレスや不規則な生活などもあり、これらは体の自律神経のバランスを壊して胃腸の機能を悪くして引き起こす事があります。

また免疫力が落ちて風邪やウイルスに掛かりやすくなります。

ちなみに生まれつき胃腸が弱くて、消化不良を引き起こして吐き気を伴う方もいるので、そのような方は強くする方法を後で教えます。


スポンサードリンク


消化不良や吐き気の治療法


偏った食生活などで消化不良を引き起こして、頭痛、吐き気、下痢がある人は今から治療方法を説明するので出来る範囲でやってください。

消化不良を治す方法

唐辛子を少し食べる
夜食や間食を止める
しばらくはお粥を食べる
お酒を控える
噛む回数を30回にする

以上が消化不良を治す方法です。

唐辛子は食べ過ぎなければ胃腸薬の様な効果を発揮するので、坦坦麺などで良いのでそちらを食べて回復させるのがお勧めです。

夜食や間職は特に胃の中を荒らすため止めるようにしましょう。

また下痢や吐き気がある人は食事を食べないという対処もおすすめで、消化不良や頭痛だけの人はお粥などを食べましょう。

お酒は出来れば避けて、飲む場合でも少量にしましょう。

消化不良の原因は食べ過ぎでもありますが、キチンと噛まずにそのまま食べ物を入れると消化に掛かる負担が全く違うので、噛む回数は出来れば30回はしましょう。

それが嫌なら20回でも良いので、出来る範囲でやる事をお勧めします。

自律神経が乱れて消化不良を起こしている人は運動をしていなかったり、夜遅くまで起きている人が多いので不規則な生活を止めましょう。

ちなみにストレスが原因の場合は嫌な事をひたすら紙に書くと有効です。

この方法は嫌な事を繰り返し書き続ける事で、その嫌な事を忘れさせる効果があるためとても有効なのでおすすめします。


スポンサードリンク



下痢や吐き気の対処法


まず消化不良で吐き気や下痢の症状がある場合はなるべく楽な姿勢を心掛けて、トイレに近いところにいると良いです。

そしてベルトはきつく縛らないでいるのが対処法となります。

下痢の時は水を飲む対処がおすすめで、下痢で同時に体内から水分が出て、脱水症状になる事があるので、注意しましょう。

そのため下痢の後は、水を飲みましょう。

吐き気がある時は無理に水を飲んでも吐く恐れがあるので、少し吐き気が治まってから水を飲みましょう。

頭痛がある人はまずタオルを水で濡らして絞ったものを電子レンジで500wで温めて、それを首の後ろに巻くと対処法となります。

また夜は電気を切ってしっかり寝るのも有効なので、ちゃんと寝ましょう。

下痢や吐き気を対処する際に水を飲むというのは先ほど説明しましたが、頭痛のある人もこれはやっていた方が良いのでキチンとやりましょう。

以上で消化不良の対処法について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ