ズッキーニの栄養の効能と効果は高血圧を防ぐ!?

夏になるとズッキーニが採れる時期ですが、あの一風変わった野菜がどんな栄養を含んでいるか気になりますよね。


ここでは効果と効能について説明するので、気になる方は見てください。

まずはズッキーニの栄養の効果と効能を解説して、次に食べ方や選び方を紹介するので食べたい人にはお勧めします。


ズッキーニの栄養


歯ごたえがある夏野菜であるズッキーニには「カリウム」と呼ばれる栄養を含んでおり、この成分は体の余分な塩分を排泄してくれる効果があります。

そのため高血圧、動脈硬化、糖尿病などの予防に効能を発揮します。

またズッキーニにはビタミンCを含んでいて、肌にコラーゲンを与える事で美肌効果と疲労回復や風邪の予防をする作用もあります。

しかし、運動やストレスで消費する栄養なので注意が必要です。

ズッキーニに含まれている「βカロテン」は強い抗酸化作用を持っていて、摂取すると体の活性酸素を取り除いてくれる効能があります。

活性酸素とは体の老化を早めたり、体の機能を悪くする効果がある成分です。

βカロテンは体内の中でビタミンAに変化する性質を持ち、免疫力を上げる作用と癌を予防する効能があるので体が弱い人におすすめです。

ちなみにズッキーニを食べると皮膚の粘膜が強くなり、花粉症対策になります。

また夏野菜であるズッキーニには夏バテ対策として有効な栄養であるビタミンBを含んでいて、摂取すると疲労や食欲不振を取り除けます。

そのため疲れた時に食べると効能を発揮してくれます。


スポンサードリンク


効果と効能を上げる食べ方


ズッキーニはとても歯ごたえがあってキュウリに似ていますが、実はカボチャの仲間で炒める料理だと美味しいそうです。

効果と効能を上げるには油を使って炒めるのがおすすめです。

ズッキーニを油で炒めたりすると香りが出てきて美味しいくなるので、ラタトゥイユなどの煮込み料理の前に少し炒めて食べると美味しいです。

それだけでなくズッキーニの栄養であるビタミンAの吸収率を上げてくれます。

効果と効能を良くするためには揚げたり、油炒めにするのがおすすめで、生で食べるとあまり美味しくないので避けた方が良いです。

特に食物繊維が多いのでダイエットに有効なので、しっかり噛むと痩せれます。

しかし、通常の油を使うよりもオリーブオイルを使って炒めるのがお勧めで、ズッキーニはカロリーも低いので、他の夏野菜と煮込んで食べると効能が大きいです。

特にラタトゥィユなどが効果が大きいためお勧めできます。

ちなみにズッキーニの皮をピーラーで削って捨てる人がいますが、皮にも栄養はあり食べるる事が可能なので捨てないようにしましょう。

油で炒めた後に塩コショウをしても美味しいのでおすすめします。


スポンサードリンク



ズッキーニの選び方


効果と効能が良い物を食べるにはズッキーニが新鮮で栄養のあるものを選ばなければならないので、選び方を教えます。

ズッキーニを選ぶポイント

切り口が新鮮で綺麗なもの
太さが均一な状態のもの
表面にハリやツヤがある
表面に傷がないもの

以上が効果と効能が良い新鮮なズッキーニです。

まずずっきーの上と下を包丁で切って、切った部分がみずみずしい状態であれば新鮮で美味しいものと言えます。

太さはあまり大きすぎない上に均一な物がおすすめです。

表面にハリやツヤがあって変色していないものが栄養があり、角の部位が立っているかどうかで美味しい物かどうかが分かります。

また傷が付いている物も良くないので、避けるようにしましょう。

黄色のズッキーニは緑色のものに対しいて、皮が柔らかいのが特徴で野菜サラダに適しているためドレッシングを掛けて食べるのがお勧めです。

また淡泊で味に癖がないのが特徴と言えます。

ズッキーニの栄養であるカリウムは体の余分なものを排出するため、むくみなどの悩みを改善するので毎日食べると大きな美容効能に期待出来ます。

以上で効果と効能について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ