だるいし眠い時の下痢とめまいの原因と改善方法とは

眠いしだるいという方の中には下痢やめまいの症状が出る事がありますので、原因と改善方法について説明します。


c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_s

毎日しっかり寝ているにも関わらず疲れている方は是非見てください。

まずは眠いしだるいという状態で下痢や嘔吐が出る症状の原因を紹介して、次に改善する方法を解説したいと思います。


眠くてだるい原因


夜11時には寝ているはずなのになんで眠いんだろう?と思っている方は偏った食生活、睡眠の質、栄養不足、運動不足、病気などが原因と考えられます。

食生活は肝臓を疲れさせてだるいと感じらせる事があります。

また下痢の症状が出る事もあり、夜遅くに食事やお酒の飲み過ぎなどで肝臓に負担を掛けて、そのような状態になる事があります。

昼に食事を摂取して眠いのは普通なので、そこは気にしなくて良いです。

睡眠の質に問題がある事もあり、長時間寝ていてもは眠くてだるいままなのは睡眠障害の場合があるので、早めに病院に行くと良いです。

脳梗塞の疑いもあるため出来れば診察するのが良いです。

ビタミンBが足りてない人はだるいと感じやすく、ビタミンBは疲労を回復する作用と食欲を増進する効果があるので、摂取するのがお勧めです。

改善法で含まれている食材を教えるので、是非見てください。

眠いしめまいがするという人は貧血の可能性があるため鉄分を取り、下痢や眠いという症状がある人は自律神経失調症の可能性があります。

これは不規則な生活が問題なので、改善しなければなりません。


スポンサードリンク


眠くてだるい時の改善法


だるい時や眠いと感じるのは偏った食生活で肝臓が疲れている事があり、主に夜食や間食、それ以外にファーストフードの取り過ぎを止める事が大切です。

お酒の飲み過ぎも原因なので、適量を守りましょう。

睡眠の質を上げる方法は寝る前にスマホ、パソコン、テレビなどの明かりで目に刺激すると質が落ちるため、寝る前は控えましょう。

寝る前に明日の準備などをするとメディアに触れる時間を減らせます。

だるいと感じている人はビタミンBの摂取が有効なので、今から含まれている食材を教えるので食べれる場合は食べてください。

ビタミンBを含む食べ物

ボンレツハム、ハム、レバー、ベーコン、たらこ
ゴーヤ、キャベツ、パプリカ、ピーマン、小松菜
じゃがいも、焼のり、なすのからし漬け、芽キャベツ
さやえんどう、唐辛子、カリフラワー、クレソン、ミニトマト
苺、キウイ、レモン、柿、アセロラ、キンカン、パパイヤ

以上がビタミンBを含む食べ物なので是非食べましょう。

だるい時や眠いと思う時にすぐに食べれる焼き海苔やキウイがお勧めなので、家に常に補充しておくと良いです。

また夏バテに有効なの夏は特に重宝します。

不規則な生活を改善するには夜11時には寝て、食事も3食栄養のあるものを取りながら運動をすると良くなるので頑張りましょう。


スポンサードリンク



下痢とめまいの改善法


眠い時やだるいと思う瞬間に下痢やめまいの症状が起こる事がありますが、そんな時の対処法を教えたいと思います。

まず下痢はストレスや食事により、起こる事があります。

睡眠の質を下げる作用があるストレスが大きいと朝起きた時にだるいし眠いという状態を作るため、腸がストレスを感じて下痢の症状が出る事もあります。

そんな時は「セロトニン」を摂取する事が有効です。

この成分は人参、ごぼう、ブロッコリー、海藻類、ヨーグルトに含まれているので、摂取して、不規則な生活を改善すると症状が回復します。

次にめまいですが、こちらは自律神経の乱れが原因です。

ストレスなどで自律神経が刺激されめまいを引き起こすのですが、そんな時はビタミンBを摂取するのが良く、玉ねぎが特にお勧めです。

肩こりなども原因なので、マッサージも有効な方法です。

まためまいがする人は脳梗塞の疑いがあり、眠いしだるいというのも前兆症状の一つのため可能性があるため、体の痺れなどがある人は病院に行きましょう。

以上で下痢とめまいの改善法については終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ