スイカの栄養と効能はシトルリン!?美容効果とは

猛暑になると畑からよくお爺ちゃんが取ってくるスイカは、とても栄養があるので効能について詳細を説明します。



シトルリンと呼ばれる美容に有効な成分があるので、気になる方は見てください。

最初にスイカの栄養であるシトルリンの効能について説明して、次に美味しいものを選ぶ方法について解説します。


スイカの栄養と効能


90%が水分で出来ていると言われるスイカは意外にも栄養が豊富に含まれていて、シトルリンと呼ばれるアミノ酸が血圧を良くしてくれます。

この成分の効能は血管を広げさせて血液の流れを良くする作用があります。

そのため体のむくみ、冷え性、肩こり、ダイエットなどに有効で、筋肉量を増加する作用があり、これは血液に酸素を取り込む事が関係しています。

シトルリンで血流の流れが良くなる事で老廃物を流すため痩せる効能があります。

これらの効能だけでも凄いのですが実はまだあり、血流を良くして育毛効果やホルモンバランスを整えて気持ちを前向きにしてくれます。

そのためシトルリンは元気のない人におすすめの栄養です。

スイカを食べた後にほとんどの家庭では皮の部分を捨ててしまう事が一般的ですが、実はとても栄養があるのです。

皮の部分は赤い果肉の部位に比べて2倍シトルリンが含まれているのです。

そのため調理してスイカの皮の漬物にするなどをすると体に良く、一番下に調理方法を載せているので気になる方は見てください。


スポンサードリンク


スイカは美容にも有効!?


シトルリンの効能は様々な悩みを改善してくれると分かりましたが、実はスイカにはビタミンCも含まれていて、肌を綺麗にする作用もあります。

またシミ、ソバカス、ほくろなどの予防にも役立ちます。

それだけでなくリコピンと呼ばれる栄養を含んでいて、この成分はニキビ、抜け毛、乾燥肌を改善して肌を白くしてくれます。

さらに体内のコレステロールを減らして、血圧を下げる効能があります。

スイカにはビタミンCも含まれていて、肌を綺麗にして紫外線から肌を守ってくれますが、運動したりストレスが発生すると消費されます。

そのため継続的に摂取して美容効能に期待出来る栄養です。

またシスペインと呼ばれる成分でビタミンCが壊れるのを防ぐ作用もあり、マシノターゼで脂肪を減らすためダイエットに役立つ事が出来ます。

また抗酸化作用があるため老化防止をしたい人はスイカを食べると良いです。

ちなみに朝にスイカを食べると脳が活性化して体に良い影響を与える事が出来て、食べる時に塩をかけると熱中症対策となります。

塩を掛けた場合はスポーツドリンクと同等の効能があるそうです。


スポンサードリンク



スイカの皮の食べ方


シトルリンを多く含む皮ですが実際に食べようよ思っていても食べ方が分からないと思うので、スイカの皮1個分の漬物レシピを紹介します。

漬物の作り方

1 スイカの表面の緑色の皮をピーラーで取り除く
2 食べやすいサイズに切る(厚さは2mmほどが良い)
3 ビニール袋に味の素2g、塩小さじ1、酒少々、スイカを入れます。
4 袋を手で揉んで全体に調味料を馴染ませて袋の空気を抜きます。
5 最後に冷蔵庫に入れて1日経過すると完成です。

以上がスイカの皮で漬物を作る方法です。

醤油を掛けても美味しいのですが、実際には塩分をその分多く取ってしまうため、栄養で高血圧を防ぎたいと思っている人は控えた方が無難です。

その方がリコピンやシトルリンの効能を生かしやすいです。

スイカの皮は千切りにして塩で揉んで柔らかくした後、醤油やマヨネーズなど好きな調味料を掛けて食べる方法もあるので、好きな方を選んでください。

塩揉みした後は塩気があるため一度水にさらすのがポイントで、実際にマヨネーズを掛けて食べた人は美味しいと言っていたのでお勧めです。

以上でシトルリンの効能について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ