スイカの栄養は皮と種にもある!?調理法とは

夏になると畑でスイカが育ちますが実際にどんな栄養があるか気になるので、今から詳細について説明したいと思います。


fe2d70e31e07978f5b349cfedd3ca015_s




実は皮と種にも成分が含まれているためそちらの紹介もします。

まずはスイカの栄養がどのようなものか説明して、次に皮と種にある成分を解説するので気になる方は見てください。


スイカの栄養とは


猛暑になると食べられる事が多くなるスイカは「シトルリン」という成分で血圧の流れを良くして、体のむくみを改善する事が出来ます。

ちなみに高血圧、動脈硬化、糖尿病の予防にもなります。

スイカには女性に嬉しい栄養であるリコピンを含んでおり、この成分はトマトにも含まれていて、肌を白くして血圧を下げる作用があります。

また紫外線や体の老化を防いでくれるため美容に効果的です。

スイカの栄養にはビタミンCも含んでいるため、シミやスバカスを予防して紫外線を守ってくれるので夏に食べるのは適しています。

それだけでなくシスペインという栄養でビタミンCが壊れるのを防ぎます。

またイノシトールと呼ばれる変わった栄養を含んでいて、この成分は肝臓に付く脂肪を防ぐ事に有効で、お酒を飲む人にはおすすめできます。

特にお酒を飲む前にスイカを食べると有効となります。

マンノシターゼと呼ばれる栄養を含んでいて、脂肪を燃焼する作用があるためダイエットしたい人は積極的に食べると良いです。


スポンサードリンク


皮と種にも栄養がある!?


スイカは90%が水分とされていて皮と種には栄養が無さそうに見えますが、実は果肉の部分よりも成分が多いので摂取するべきです。

皮にはシトルリンの含有量が果肉の部位に比べて2倍多いとされています。

シトルリンは血行を良くするため抜け毛を減らして育毛効果を発揮するので、特に男性の方には皮を食べてもらいたいです。

種の栄養も抜群で多量の植物性脂肪を含んでいる事が判明しています。

この植物性脂肪は体内のコレステロールを排出する事が出来て、ビタミンB1を含むため疲労回復や食欲増進をする作用があります。

またタンパク質が豊富なため、貧血の方は摂取するべきです。

スイカの種はそのままスイカごと食べるのは体に良くないため、簡単な調理方法をして食べると体にとても良いです。

今から皮と種の調理方法を教えたいと思います。


スポンサードリンク



皮と種の調理方法


ほとんどの家庭ではスイカを食べ終わったら皮と種を捨ててしまいますが、食べれるのでまずは皮を漬物にする調理方法を教えます。

スイカの漬物の作り方

1 スイカの緑色の皮の部分を包丁で取り除く
2 赤い部分を少しだけ残して食べやすいサイズに切る
3 塩を小さじ半分~小さじ1入れてビニール袋に皮を入れる
4 冷蔵庫に入れる
5 2日間ほど放置すると完成です。

以上がスイカの皮で漬物を作る方法です。

を入れ過ぎると高血圧や糖尿病を予防する作用が薄まってしまうため、出来れば少な目に入れる方が良いです。

基本的には皮に付ける塩の部分は好きな量で良いです。

今からスイカの種の食べ方が分からない方に簡単な調理方法を教えるので、食べてみたい方は実践してみてください。

スイカの種の調理法

1 まず種を天気の良い日に1日天日干しにする
2 次に香ばしくフライパンで痛める
3 最後に外皮の黒い皮を取り除く

以上がスイカの種の調理法です。

種を食べる時に黒い皮が付いていますが、あれは消化吸収しにくいため取り除く事が大切で、面倒な人はスムージー用のミキサーですると簡単に摂れます。

ちなみに種は栄養はありますがそのまま食べると昔から盲腸になるとされているので、なるべくそのまま食べる事は止めた方が良いです。

以上でスイカの栄養について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ