ゴーヤの栄養の効能と効果は肌を綺麗にする!?

沖縄の人がよく食べる健康野菜のゴーヤは栄養が凄いと有名ですが、実際にどのような成分を含んでいるか説明したいと思います。


効果と効能は美容や健康に良いので、気になる方は見てください。

まずはゴーヤの栄養の効果と効能について説明して、次に過剰摂取による副作用などを解説していこうと思います。


ゴーヤの栄養と効果


食べ続ければ長寿を保てると言われているゴーヤには、モモルジン、ビタミンC、ビタミンB、カルシウム、カリウム、鉄分などの栄養を含んでいます。

モモルジンの効能には癌を防ぐ効果があります。

それだけでなく糖尿病の人が不足しているインスリンを含んでおり、体内にある活性酸素を消去するため老化防止などの作用があります。

ゴーヤのビタミンCは肌を綺麗にするため女性に嬉しい栄養です。

肌にコラーゲンを与える効能があり、綺麗にするだけでなく紫外線を防ぎ肌の老化を防止するため、夏に摂取すると有効な効果を得られます。

しかし、仕事やストレスで消費するので、ゴーヤを継続的に食べる事が大切です。

ゴーヤは熱に強い性質のためビタミンCが壊されにくくお勧めで、ビタミンBは疲労回復や食欲を増進させるため夏バテ対策に有効です。

カルシウムは怒りを抑えて、骨粗しょう症を防ぐ効果を持っています。

更年期を迎えた女性はこの病気になりやすいため女性にお勧めの栄養で、ストレスが溜まった時に摂取すると良いです。

カリウムの効能は余分な塩分を排出するので、高血圧を防いでくれます。

ゴーヤの鉄分は貧血を防いでくれる効果があるため日頃から摂取するべき栄養なので、毎日食べると体を健康に保てます。


スポンサードリンク


ゴーヤの副作用と選び方


食べると副作用を引き起こす野菜は多いですが、ゴーヤは適正な量を摂取する場合は副作用はなく、種子の皮を食べると危険な事があります。

子供に食べさせると腹痛、下痢、嘔吐などを引き起こして死に至る事もあります。

ゴーヤの効果と効能を上げるためには栄養がよく含まれているものを選ぶことが大切なので、今から該当するものを購入してください。

ゴーヤの選び方

サイズが小さなもの
表面のツブツブが沢山あるもの
ゴツゴツした硬いものを選ぶ
表面がツヤツヤしたものを選ぶ

以上が質の良いゴーヤの選び方となります。

大きなサイズのゴーヤは水分量が落ちて食感も悪い事が多いため、小さなサイズの方が美味しいのでこちらの方がお勧めです。

ツブツブが多い物は美味とされていて、大きなイボは苦味がなく美味しくないです。

新鮮なゴーヤは栄養が良いため見分ける事が大切で、表面が綺麗な緑色で光沢があるツヤツヤしたものは新鮮なため、この判断基準で購入しましょう。

硬くないゴーヤはまだ成熟していないため美味しくないので、控えます。

しかし、固さがないものは苦味があるためこちらの方が美味しいという方もいて、苦いのが嫌いな人はずっしりとしたものを選びましょう。


スポンサードリンク



ゴーヤの下ごしらえの方法


栄養が多く含まれているゴーヤの条件は苦みがあるかどうかで判断する事が出来て、苦いものほど栄養が多いとされています。

ゴーヤのブツブツが大きなものや色が薄いものが苦くないです。

効果と効能で健康になりたい人には苦い方がお勧めで、今からゴーヤの下ごしらえの方法を紹介するので気になる方は見て行ってください。

ゴーヤの下ごしらえ

1 ゴーヤを水で綺麗に洗って縦半分に切る
2 中にあるワタの部分をスプーンなどで取り除く
3 縦半分に切ったものを2mmほどのサイズに切る
4 苦味を取りたい方は塩をゴーヤ1本に対して小さじ1入れる
5 そして塩もみをして水で流すと完成です。

以上がゴーヤの下ごしらえです。

ゴーヤの栄養に含まれている効果と効能を減らさないためには出来れば苦味を取り除かない方が良いですが、好きな方を選ぶのがお勧めです。

ちなみに中身のワタは食べる事が出来るので、食べても構いません。

意外にもあまり苦くないのが特徴で、栄養があるため美容効能やダイエット効果に期待出来るので摂取するのも良いと思います。

以上でゴーヤの栄養の効果と効能について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ