日射病の症状は体温が上がる!対処と対策とは

猛暑になるとかなり熱いですが、紫外線を浴び続けると日射病となる事があるので症状について教えたいと思います。



簡単な対処方法もあるので、気になる方は見てください。

まずは日射病が発症するとどのような症状が出るのかを説明して、次に対処方法を解説したいと思います。


日射病の症状


この病気は夏に出る強い日光を長時間浴びて発症するのが特徴で、最初に体のだるさ、あくび、吐き気など症状が出ます。

次第に悪化してき意識を無くしたり、頭痛を伴う事となります。

日射病の症状が出る理由は頭の体温が日光によって、急激に上がる事でオーバーヒートして発症するのが原因となります。

最初に顔が真っ赤になり、息が荒くなって立つのすら厳しくなります。

体温が異常に上がった状態にも関わらず汗がほとんどでないのが特徴で、皮膚が熱く乾燥していくのが日射病の症状です。

異常に暑いのに汗が全くでないのはおかしいので、無理せず座りましょう。

特に猛暑の中の重労働な仕事や激しい運動をする事で、多量の汗を出して体内にある水分が外に出て不足する事で発症する事もあります。

そうなると心臓の血液が足りず、吐き気、めまい、頭痛などが出ます。

日射病の症状が重症な時は意識を無くして死に至る事もあり、早めに対処する事が大切なので忘れないようにしましょう。

また昏睡状態になるケースもあるので注意しましょう。


スポンサードリンク


日射病の対処方法


まずフラフラしていたり日射病で倒れたりした人が出たら、すぐに涼しい影のある場所に移動して体を横にして足を高く上げます。

この足を上げる対処は心臓の血液の循環を良くする効果があります。

もし水を飲める状態であればすぐに水を飲ませるのが良いのですが、出来れば塩分が入った水やスポーツドリングが良いです。

体温が急激に変化する事もあるので、注意して見ておきましょう。

体の体温が極端に冷えている場合は服や毛布を掛けて温めるのがよく、熱い場合は服装を換気の良い感じにすると効果的です。

もし意識が無い場合は救急車をすぐに呼ぶようにしましょう。

日射病の対処で大切なのは体を冷やしてあげる事なので、冷水で濡らしたタオルを首の後ろや脇の下に挟むと体温を下げる事が出来ます。

頭に水を掛けるのも有効なので対処として使えます。

ちなみに熱中症の症状の時に頭を冷やしたら逆効果で、日射病と似ていて紛らわしいですが熱中症の人は顔が青白いという特徴があります。

そのため顔色を見て青白いと思ったら頭を冷やすのは避けましょう。


スポンサードリンク



日射病の対策


炎天下の中を動き回っていると汗が大量に出るので、脱水症状となって血液がドロドロとなって、脳の血管が詰まる事があります。

そのため日射病の症状を防ぐには水分補給が大切です。

水分補給は1時間1回するのが対策としておすすめで、喉が渇いたなぁと思った時にはすでに手遅れなため、そうなる前に飲みましょう。

ちなみに汗で塩分も外に出るので、塩分も摂取しましょう。

外出する際はつばの大きな帽子を被って日光を防ぐのが良く、黒い日傘を差すのも有効なので好きな方を選んでください。

ちなみに帽子や服は黒い色は控えた方が日射病の対策となります。

なぜなら黒い色は光の吸収率が強いため逆効果なので、別の色を付ける方が日射病の対策となるのでそのようにしましょう。

またビタミンAとビタミンCを摂取すると効果的です。

ビタミンAは疲労回復をして食欲を増すので日射病などの辛い時にお勧めで、ビタミンCは紫外線から肌を守るため夏に必須の栄養です。

以上で日射病の対策と対処法について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ