マンゴーの栄養と効能!冷凍の違いとカリウムとは

南国のフルーツであるマンゴーは甘くてとても美味しいですが、実は栄養と効能も健康に良いので詳細を説明します。


実はカリウムという成分で高血圧を防ぐ事が判明しています。

最初にマンゴーの栄養と効能を解説して、冷凍すると成分が変わってくるためどのように変化するのかも説明します。


マンゴーの栄養と効能


あの甘さだけあってマンゴーの栄養はビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、カロテン、カルシウム、カリウム、葉酸を含んでいます。

意外にもカロリーは低めで食物繊維が多く、ダイエットに有効です。

今からマンゴーが含んでいる栄養の効能を説明していくので、健康や美容の事が気になる方は是非見てください。

ビタミンAの効能

この栄養は目の機能や皮膚を正常に保つ効果があり、動脈硬化や癌を防ぐため高血圧の方にとてもお勧めできる栄養です。

しかし、アルコールを摂り過ぎる人はビタミンAを消費します。

この状態が続いてビタミンAが不足すると目が見えなくなったりする副作用を持ち、摂取し過ぎると頭痛や吐き気を伴います。

ビタミンEの効能

この栄養は血行を良くする作用を持っており、心筋梗塞や脳卒中を防ぐ事が出来るため生活習慣病を防いでくれます。

強い抗酸化作用があるので老化を防いで、体の機能を良くします。

ビタミンCの効能

シミやソバカスを防いでコラーゲンを生み出して肌を潤わせる作用がある栄養で、抗酸化作用があるため肌の老化を防ぎます。

しかし、ストレスや酒で消費されるので、気を付けましょう。

ビタミンCは特に夏に摂取して紫外線から肌を守るため、マンゴーは夏に食べるのがおすすめで、肌の炎症であるニキビを治してくれます。

カロテンの効能

摂取すると体内でビタミンAに変化する栄養で、癌を予防して肌を綺麗にする作用があるため女性に嬉しい成分です。

また体の成長を促す効果があるので、子供に摂取させると良いです。

乾燥肌や手荒れを改善する作用があるため、冬などの寒い季節に手荒れになった時にマンゴーを食べる事をおすすめします。

カルシウムの効能

骨や歯を作って高血圧や動脈硬化を防ぐ作用を持っており、イライラを抑えるため冷静さが欲しい時にお勧めできる栄養です。

更年期の女性は骨粗しょう症になりやすいので、大切な成分です。

カリウムの効能

この栄養は体にある余分な塩分を体から排出する作用があるため、高血圧や動脈硬化を防ぐのでとても良い成分です。

カリウムの摂取は日頃かしていると大きな予防効果が期待出来ます。

葉酸の効能

体を作るのに必要な栄養で、主に口内や皮膚を合成する作用があり、赤血球を生み出してくれるので非常に大切です。

妊婦がよく赤ん坊を妊娠した時に必要とされています。

マンゴーの栄養については以上になりますので、このフルーツが好きな人は引き続き食べ続ける事をお勧めします。


スポンサードリンク


冷凍すると認知症に効く!?


実はマンゴーを冷凍すると認知症を予防する効能が高まるとされていて、実際に本当なので、予防のために食べるのが良いです。

これはマンゴーの細胞膜が冷凍で剥がされ吸収率が上がるからです。

認知症はブドウ糖という脳に必要な栄養を生み出す事が出来ないため発症して、栄養がないため次第に脳が壊死する病気です。

そのため記録力が極端に落ちる事となるのです。

マンゴーはそれを防いでくれるためお勧めで、実はフルーツのほとんどは冷凍する事が適しているとされています。

その理由は長期保存が可能になる事と抗酸化作用が上がるからです。

栄養が下がりそうなイメージが強いですが、実際には上がるのでおすすめで、味が薄くなることもありますが、元々甘いマンゴーには適しています。

完熟マンゴーになると栄養が上がるためお勧めします。

ちなみに加熱しても水に付けても強い性質のため、あらゆる料理に使えるので、何か作りたい人は使ってみると良いです。

以上でマンゴーの冷凍とカリウムについて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ