枝豆の栄養の効果と効能!イソフラボンと食べ過ぎの危険とは

枝豆は小さいお子さんから大人まで誰もが美味しいと食べていますが、どんな栄養があるのか気になりますよね。


そこで今回は食べた時の効果と効能について説明したいと思います。

まずは枝豆の栄養の効果と効能がどのようなものか説明して、次にイソフラボンという成分について解説していき食べ過ぎの副作用を教えます。


枝豆の栄養と効果


元々大豆から作られた食べ物だけはあって栄養素が高く、ビタミンB1、食物繊維、鉄分、たんぱく質、カリウムの含有量が多いとされています。

ビタミンB1の効果

夏バテなどを防ぐ効能があり、汗などで流される性質のため夏には多めに摂る事がお勧めされていて、食べるとスタミナが付き元気が出ます。

消化を助ける効能もあるため、日頃から枝豆を食べた方が良いです。

鉄分の効果

貧血を防ぐ作用があって、栄養が不足すると妊娠出来ない体になったり、固形物を飲み込む事が出来ないため非常に重要な効能と言えます。

完全に鉄分が足りなくなると土を食べるようになるようです。

そのため枝豆を酒のつまみにして摂取すると良いのですが、実は酒やストレスで消費してしまう栄養なので、なるべく飲まないようにしましょう。

カリウムの効果

高血圧や糖尿病を防ぐ効能があり、動脈硬化を防ぐため塩分を取り過ぎた時などに摂取するべきなのが枝豆のカリウムです。

利尿作用があるため体のむくみを取り除く事が出来ます。

カリウムの効果は人間が摂取した余分な塩分を排泄する作用があり、現代の日本人は塩分の摂り過ぎとされているので、注目されている栄養です。

メチオニンの効果

この成分はコレステロールを排出して脂肪燃焼をする効能があるのですが、実は鬱病やストレスにも有効だと言われています。

またアレルギー成分を引き起こすヒスタミンを抑える事が出来ます。

新陳代謝を良くして育毛する効能があるため男性にもお勧めできる成分で、体にある脳は異物を取り除き便秘を改善するのに有効です。


スポンサードリンク


イソフラボンの効能とは


枝豆の栄養にイソフラボンという成分が含まれており、この成分は女性らしい体を作る効能を持っている事が判明しています。

今からその効果を説明するので、女性の方は特によく見てください。

イソフラボンの効能

髪にツヤを出して抜け毛を減らす
肌が潤い綺麗になる
便秘を解消してくれる
シミやソバカスを改善する
ダイエット効果が出る
バストアップする作用
骨粗しょう症を予防する

以上がイソフラボンの効能となるので、積極的に枝豆を食べましょう。

女性は歳を取っていく度に男性と見分けが付かないような外見となりますが、あれは年齢と共に体内のイソフラボンが減った事が分かっています。

そのため女性は歳を取る前から摂取する事が大切です。

特に更年期に入るとエストロゲン(女性ホルモン)が急激に減って、骨粗しょう症の発症率が劇的に上がるので、枝豆の栄養で摂取するべきです。

イソフラボンはエストロゲンの代用になる効能を持っています。

またコレステロールを排出する効果があるため、綺麗に痩せたいと考えている女性にとても良いので、毎日枝豆を食べるのが良いです。

癌やアルツハイマー病の予防にも食べるので、高齢者に食べさせましょう。

実はイソフラボンの栄養を摂取しても効能が出にくい人もいて、その出にくい人とは若い男女で年配者の方は吸収率が2倍以上高いとされています。

そのため焦らずに効果が出るのを待つことが大切です。

これはエクオールという成分が吸収するかどうかで変わってきて、年配者の方が2倍以上エクオールが多かったので、このような結果となっています。

最近はエクオールを含んだサプリが出るので、購入する事をお勧めします。


スポンサードリンク



枝豆の食べ過ぎは危険!?


先ほど紹介したように枝豆の栄養の効果や効能はとても良いのですが、食べ過ぎると副作用が出る事が分かっています。

それはプリン体の過剰摂取による痛風の症状です。

プリン体は人間が摂取した栄養を体に伝達する効果を持った成分で、人間に必要な成分なのですが摂取し過ぎると肝臓が全て分解する事が来ません。

本来は尿から排泄されますが、量が多すぎると分解されず体に残ります。

そのため枝豆の食べ過ぎには充分注意する事が大切で、塩を枝豆に掛けて食べる事が多いですが、あれも摂取し過ぎると高血圧や糖尿病になります。

なので塩分を控えたりするように気を付けましょう。

また食物繊維を多く含むため食べ過ぎた場合は、体に必要な栄養まで体外に出る事もあり、お腹の調子が悪くなることもあります。

しかし、上手く使えばダイエットに使えるので食べ過ぎに注意しましょう。

プリン体は枝豆の身近にあるビールなどにも含まれているので、プリン体を含まないものを購入して飲むのがお勧めできます。

以上で枝豆の食べ過ぎと栄養について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ