ムチンの効果は食べ物のネバネバで肌を綺麗にする!?

よく納豆などを食べる時にネバネバしたものが付いてきますが、実はあの成分が肌を綺麗してあらゆる悩みを解決する事が分かっています。



ここではその成分を含む食べ物を紹介するので、気になる方見てください。

最初にムチンがどのような効果を持っているのかを説明して、次にムチンを含む食べ物について紹介したいと思います。


ムチンの効果とは


実は納豆などに含まれているあのネバネバは「ムチン」と呼ばれており、あの粘り気は体にある腸の免疫と似た性質を持っています。

そのため食べると胃の荒れや胃腸炎を治す作用がある事が分かっています。

それ以外にタンパク質を分解する酵素を持っているため、食事で摂取したタンパク質の消化吸収をスムーズに進ませる効果があります。

消化に役立つため便秘を改善する事が有効なので、肌が綺麗になります。

便秘を改善するのは腸内の粘膜を潤させて正常に機能させる効果で、これは腸だけでなく目や皮膚の粘膜もムチンが強くしてくれます。

そのため花粉症、風邪、ウィルスを予防する事に期待出来ます。

また肌を活性化させる効果や老化を防止させるのに有効で、ドライアイを防ぐ事が出来るので空気が乾燥する季節にムチンを摂取したいところです。

酒を飲んで肝臓や腎臓が弱っている人も摂取した方が良いです。

なぜならムチンは腎臓や肝臓の機能も良くしてくれるため負担を減らす事に有効なので、お酒を多く飲む人は特に食べるようにしましょう。

また食欲を増進する効果があるので、元気が無い時に食べると良いです。


スポンサードリンク


ムチンを含む食べ物


以外にもムチンを含む食べ物は多く、今から紹介するので肌を綺麗にしたい方や胃腸が弱い人は多く食べましょう。

ムチンを含む食べ物

オクラ、モロヘイヤ、レンコン、里芋、山芋、長芋
アシタバ、納豆、なめこ、うなぎ、ドジョウ
燕の巣、つるむらさき、エチゼンクラゲ

以上の食べ物に含まれているので積極的に食べましょう。

これらを食べてムチンを摂取する時に注意しなければならない点があり、それは加熱調理をなるべく避ける事です。

実は70度以上になるとムチンは壊れてしまうので、加熱は避けた方が良いです。

うなぎなどを食べる時に火を通すのは仕方ありませんが、オクラなどを湯がいて食べる時は1~2分湯がいたらすぐに冷水に付ける事が大切です。

また熱いご飯の上に乗せるのもムチンの効果が悪くなります。

少し温かいご飯の上に乗せるのが良く、出来れば冷えたご飯の上に乗せるのが良いですがそれはあまり美味しくないかもしれません。

山芋もお好み焼きに使われる事がありますが、出来れば避けた方が良いです。

ムチンを壊す加熱調理はあまり適していないので、なるべく生のまま食べ物を食べる事が効果を一番得やすくてお勧めです。


スポンサードリンク



ムチンで病気を予防する方法


先ほどは加熱調理を避けるべきと説明しましたが、実は冷水に付けるとムチンは抜けてしまうため、レンコンなどは長時間水に付けない方が良いです。

これはなめこなどの粘り気も一緒で、あまり水に流さないようにします。

冬になるとインフルエンザが流行るのでムチンを含む食べ物を食べるのがお勧めで、1~3月は花粉シーズンなので、この時も食べましょう。

ムチンはボケの防止にも繋がるため高齢者にも良いです。

最近ボケてきたかもなぁという方は毎日食べるのが効果的で、食べていく事で改善するため認知症予備軍の方は摂取しましょう。

また二日酔いを治す作用があるので、酒を飲み過ぎの方もお勧めです。

冬などの寒い時期になると乾燥肌や手荒れで悩む主婦の方もいますが、そんな時にムチンは改善してくれるので、そういう時に食べましょう。

以上でムチンの効果と食べ物について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ