夏バテの対策に食材と栄養はビタミンB1が有効!?

猛暑が来ると暑い時期に入りますが、そのような時に外でスポーツをする人など夏バテになる方も多いと思います。



そこでこの夏を乗り切るのに有効な食材と栄養を紹介します。

まずは夏バテ対策に有効な食材を紹介して、次にどんな栄養が良いのか説明するので旦那さんなどに食べさせてください。


夏バテ対策に有効な食材


暑くなると当然汗を掻いてクタクタになる方が多いですが、そんな時には疲労回復をするビタミンB1が最適と言えます。

このビタミンB1は食欲を増進させてくれるため、夏バテ対策に有効です。

しかし、猛暑となると汗を掻きやすいため、食材でビタミンB1の栄養を摂取しても、水に溶けやすい栄養なので体外に出されて不足しがちです。

そのため夏バテの対策をするにはビタミンB1を多めに摂る事が大切なので、今からこの栄養を含む食材を紹介します。

ビタミンB1を含む食材

生ハム、レバー、ベーコン、豚もも肉、豚ヒレ肉
うなぎ、鮭、アジ、たらこ、すじこ、鯛、いくら、
昆布、焼のり、ひじき、もずく、かんてん、とろろ昆布
枝豆、納豆、大豆、おから、小豆、がんもどき、豆腐
アスパラガス、ブロッコリー、グリンピース、パセリ
山芋、長芋、さつまいも、里芋、じゃがいも

以上がビタミンB1を含む食材となります。

ビタミンB1の栄養を取る時にお勧めなのは、疲れた時や運動をして汗を掻いた時で、こんな時に夏バテになりやすいので、摂取して対策を取りましょう。

ちなみに不足するとむくみや食欲不振の症状が出ます。


スポンサードリンク


夏バテ対策にはビタミンCも必要!?


ビタミンB1の栄養だけを取っていれば夏バテ対策になるという事ではなく、夏は暑いためストレスが溜まり易くビタミンCを消費しがちです。

実はビタミンCはストレスや紫外線で消費されてしまいます。

夏は暑いだけでなく紫外線が特に強いという特徴があるため、日頃からビタミンCを含む食材を食べなければいけないので今から紹介します。

ビタミンCを含む食材

ベーコン、ハム、ボンレツハム、レバー、たらこ
ピーマン、パプリカ、パセリ、小松菜、キャベツ、ゴーヤ
カリフラワー、唐辛子、ミニトマト、さやえんどう、クレソン
じゃがいも、芽キャベツ、なすのからし漬け、焼のり
キウイ、レモン、アセロラ、柿、イチゴ、パパイヤ、キンカン

以上がビタミンCを含む食材となります。

この栄養は女性も男性にも有効で、夏になると紫外線が強くなるのでシミやソバカスが出来やすいので、それを防ぐので女性にお勧めです。

男性は仕事でストレスを溜めがちなので、この栄養はとても役に立ちます。

また夏バテ対策にオクラやなすなどの夏野菜は体を冷やす作用があるので、体が熱いと言う方は食べて冷やすのが良いです。

ビタミンCは過剰摂取すると副作用が出るので、摂り過ぎに注意しましょう。


スポンサードリンク



夏バテ対策の習慣


先ほど紹介した食材の栄養で夏バテ対策には有効なのですが、食べ物だけ気にしていても予防をする事が出来ないのが現実です。

まず大切なのは水分補給で1時間1回は飲んだ方が良いです。

身近にある飲み物でCCレモンやアセロラジュースなどが夏バテ対策に有効なので、自動販売機で買って飲むのもお勧めです。

夏になると塩分を摂取しろとよく言われますが、注意点があります。

日本人は塩分を取り過ぎていると専門家の方もおっしゃっており、特別夏になったからと言って摂取しても体に良くないと言われています。

今のままでも充分とされているので、全く取らない場合を除いで問題ありません。

また夏バテ対策にジュースを大量に飲む人がいますが、これは500mlのジュースには角砂糖15個分ほど砂糖が入っているので飲み過ぎはいけません。

お酒も飲み過ぎるとビタミンCを消費しますので少し飲むようにしましょう。

いくら食材で栄養をとっても体を休めないと効果が無いため、キチンと夜11時には寝る事が大切なので実践しましょう。

以上で夏バテ対策の食材と栄養について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ