オクラの栄養成分のムチンは胃炎に有効!?食べ方とは

夏野菜のオクラの栄養には「ムチン」と呼ばれる珍しい成分が含まれていますが、体にどんな影響を及ぼすのか気になりますよね。



そこで体に出る影響をここで説明するので、気になる方は見てください。

最初にオクラの栄養成分であるムチンがどのような事に有効なのか説明して、成分をキチンと吸収できる摂取方法を教えます。


オクラの栄養成分のムチンとは


よくオクラを食べるとネバネバした食感がしますが、このネバネバに「ムチン」が含まれており、この成分が皮膚に良いとされています。

胃の荒れを改善したり、体の老化を防ぐ作用がある栄養です。

元々人体の胃の中はネバネバした状態となっており、ムチンは人体のネバネバと違い成分のため、皮膚の粘膜を強くしてくれます。

その結果風邪や感染症を防ぐ事に有効とされています。

それだけでなく便秘を改善してくれるため、健康にとても良いです。

オクラの栄養は肌が綺麗になるとされているのは、ムチンも関係していて乾燥肌や潤いのない肌をツヤのある美肌にする作用があります。

実は1~3月に流行る花粉症を予防するのに有効とされています。

その理由は口や鼻から侵入する花粉をムチンで強くした皮膚の粘膜が防いで、炎症を抑える効果を持っている事から予防になるのです。

ですから、この時期にオクラを食べる事をお勧めします。


スポンサードリンク


オクラの栄養成分とは


近代の日本人は食生活の乱れなどで高血圧や糖尿病の方が増えておりますが、オクラの栄養成分であるアラバン、ペクチン、ガラクタンはこれらに有効です。

この3つの成分はオクラのネバネバに含まれている食物繊維です。

オクラの食物繊維量はごぼうに匹敵するほど多いとされており、摂取する事で中性脂肪を減らして大腸がんや便秘の悩みを改善する栄養成分があります。

また便秘が治ると肌が綺麗になるため女性にはとても嬉しいです。

オクラの栄養成分の中でもβカロテンの含有量はとても多く、体内でビタミンAに変わって髪にツヤを出したり、視力に良い効果を得られます。

それ以外に肺や喉を守る作用が出てきて、癌を予防します。

オクラの栄養成分の一つに「カリウム」と呼ばれる体にある余分な塩分を排出する作用があるため高血圧や動脈硬化の予防となります。

最近はこの成分がとても注目されているので積極的に摂りましょう。

1日の塩分摂取量で望ましいとされる数値は6gとされているため、味噌汁を飲み過ぎたり濃い物を食べ過ぎた時にオクラを食べる事をお勧めします。

そうすれば予防するのに有効なので日頃から食べましょう。


スポンサードリンク



山芋もムチンを含む!?


実はムチンはオクラにだけ含まれている栄養成分ではなく、山芋などのネバネバしたような食材には大体入っています。

例えば納豆やキノコ類などのものに含まれているので手軽に食べれます。

山芋とオクラは一緒に食べると消化酵素があるため、スタミナを付ける事に有効なので一緒に食べる事をお勧めします。

しかし、調理する時に問題点が一つあります。

それは70度以上で加熱調理しない事が問題であり、70度以上で熱を通すとムチンは壊れていくためなるべく火に当てない方が良いです。

実際にオクラを湯がく時も1~2分ほどでサッとボイルする事が大切です。

これは山芋にも言われている事で、ご飯の上に掛けて食べる人がいますが、注意点としては熱すぎるご飯の上に載せない事が大切です。

熱いご飯でもムチンは弱るので避けるべきです。

以上でオクラの栄養成分のムチンについて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ