オクラの栄養と効能は美容に良い?選び方と食べ方とは

オクラはネバネバして噛みごたえが面白い野菜ですが、実は美容に良い栄養を持っていると分かりました。


そのためどんな栄養が含まれているか説明したいと思います。

まずはオクラがなぜ美容に良い効能を持っているのか解説して、次に栄養を多く取れるおすすめの食べ方について説明します。


オクラの栄養と効能


栄養の中でも特徴的なのはあのオクラのヌメヌメした成分に含まれている、アラバン、ペクチン、ガラクタンなどの食物繊維が特徴的です。

ペクチンは胃の中を綺麗にして、コレステロールを排出します。

そのため便秘や大腸がんを予防するのに作用があり、便秘を改善する事に有効なので肌を綺麗にする美容効能に期待できるのです。

それ以外にβカロテンを含んでいるため髪に艶を出す作用があります。

オクラのβカロテン量はレタスの3倍以上もあるとされており、癌の発症を防いで肌を綺麗にする美容作用がある事が分かっています。

またカリウムという余分な塩分を排出する栄養を含んでいます。

日本人は海外から見ても塩分の摂り過ぎと言われるほど摂取しているため、高血圧の方が多く糖尿病などで悩んでいる方が多いです。

それを改善するオクラのカリウムは今の日本人が食べるべき野菜です。

カリウムは塩分を排泄するだけでなくカルシウムを作る作用もあり、骨粗しょう症を予防する効能やイライラする時に抑えるのに有効です。

また過度な運動で痙攣する筋肉を抑える事も出来ます。


スポンサードリンク


オクラのムチンは美容に良い!?


冬や秋などの空気が乾燥する季節になると手が荒れたり、肌が乾燥する事で悩む女性が多いですが、化粧水を付けても治らないケースもありますよね。

そんな時にオクラにある「ムチン」と呼ばれる成分が効果的です。

あのネバネバした成分には実はムチンという皮膚の粘膜を強くする効能を持っており、肌を潤わせる美容効能を持っています。

そのため日頃から食べると血色の良いキメ細やかな肌を作れます。

しかし、この栄養は70度以上の加熱調理をすると壊れていくため、火を通し過ぎて食べるのは避けるのが気を付ける点です。

元々オクラは夏野菜なので、火を通すのにあまり適していません。

オクラは体を冷やす作用があるため、食べ過ぎるとお腹を壊す可能性があり、特に妊婦に食べさせ過ぎると危険なので避けましょう。

ムチンは胃腸炎を治す作用があるため、そのような時に食べると良いです。

オクラをいっぱい食べて美容効能で綺麗になろうと考えている方は、毎日食べると良いのですが食べない日が週に1日ぐらいはあった方が良いです。


スポンサードリンク



オクラの食べ方と選び方


栄養を喪失しない方法はまず加熱調理しない事なのですが、実際にはオクラを湯がかないといけないので少し説明がないと難しいと思います。

基本的には1~2分熱湯でボイルすると良いので、これを目安にしましょう。

ボイルが終わったらすぐに冷水にさらすと綺麗な色に仕上げる事が出来てお勧めで、オクラはちゃんとボイルする前に塩で産毛を取りましょう。

小さいオクラは早めに熱湯から出すとちょうどいい感じになります。

栄養が高いと美容効能も高いため新鮮なものを食べたいですが、選び方が分からないと思うので今から説明します。

まず産毛がしっかり付いているものが美味しい物が多いです。

緑色が綺麗なオクラを選ぶと栄養が高いものを選ぶことがおすすめで、ヘタの部位が変色しているものやしなれていないものが新鮮なオクラです。

大きいサイズはあまり美味しくないので、デカすぎるものは避けましょう。

食べる時はポン酢などに付けて食べると美味しいく、加熱調理する時は火が通ったらすぐに火を消す事を忘れないようにしましょう。

以上でオクラの栄養と美容効能について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ