なすは栄養ない?効能は生活習慣病を改善する!?

夏野菜のなすにはきゅうりと同じように栄養がないと言われていますが、本当にないのか詳細を説明したい思います。


効能が生活習慣病に良いとされているのでそちらの疑問も解説します。

まずは本当になすは栄養がないのかを説明して、次にどのような病気に有効な効能を持っているのかを紹介したいと思います。


なすの栄養と効能


栄養がないとよく言われるなすは、実際にあまり栄養を含んでいない事が判明していますがビタミンA、B1、B2、Cを少し含んでいます。

意外と多いのは鉄とカルシウムなので、骨粗しょう症の予防に有効です。

栄養が少ないなすにも有効な成分があり、中でも特徴的なのは「ナスニン」と呼ばれる紫色の色素のポリフェノール類の一種です。

ナスニンの効能は活性酸素を抑える効果があるので、体に良いです。

活性酸素とは体を老化させたり、肉体の機能を落とす作用を持つ成分で、なすを食べるとこの成分を抑えれるのでお勧めです。

ちなみに生活習慣病や癌を予防してコレステロールを排出する効能があります。

なすが含んでいるアントシアニンは血液の流れを良くして血栓を取り除く作用があるため、脳梗塞や心筋梗塞を防いでくれます。

またブルーベリーと同様に目の疲れを改善する効能が判明しています。

夏野菜なので体を冷やす作用があり、特にその力はなすがとても高いとされているため体が熱い時に食べると良いです。


スポンサードリンク


なすで改善出来る悩み


栄養はそれ程ないなすですが、実は体の不調を治すのに有効でなすのへたの部分を焼いて、口中炎などの炎症している部分に塗ると改善するようです。

それ以外に食物繊維で便秘を改善したり、ダイエットに有効です。

またへたを1日天日干しにしたものを煎じて飲むと、食当たりの改善に有効なので、食中毒にかかった時に有効な方法となります。

このなす汁はイボを取る効能があるので、この汁を毎日塗ると良いです。

しかし、妊婦の方はなすを食べ過ぎると体を冷やすため、一定の量まで食べたらそれ以上は食べない方が無難です。

またなすの食べ過ぎは咳や喘息を悪化させるため気を付けましょう。

なすを食べる時は生姜やにんにくなどの体を温める効能があるものと食べるのが良いとされており、そうする事で冷えを防ぐ事に期待出来ます。

栄養があまりないので、豊富な栄養を含む食べ物を食べましょう。

ちなみになす汁はイボを取るのに有効なだけでなく、しもやけや体の炎症に有効なのでそのような時に塗ると良いです。


スポンサードリンク



なすの栄養に良い食べ方


よく野菜の中でも加熱調理すると栄養が損なわれるものは沢山ありますが、その中でもなすは油で揚げたりしても問題ないです。

それどころか油によって、抗酸化作用が強まり体にとても良い影響を与えます。

なすはヘタの部分を横に切ってそのまま捨てる事が多いですが、ヘタの部分はとても美味しいのでなるべく切らないようにしましょう。

食べる時は農薬が付いている事もあるので、良く洗いましょう。

スーパーなどでなすを買う時に美味しいものを見極める方法は、ヘタが綺麗で表面に艶があるものを選ぶと美味しいです。

また空気に触れると色が茶色くなるので、切ったらすぐにに付けましょう

なすを漬物にする時は最初に塩もみをしますが、この時に水にさらして一回少し絞りアクを取ると美味しく食べる事が出来ます。

以上でなすの栄養と効能について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ