パプリカの栄養の効果と効能!赤と黄色で成分が違う!?

カラフルな野菜であるパプリカにも栄養があり、赤と黄色によって成分が違う事が判明しているためここで詳細を説明したい思います。


0bdb25361676955bd7c41b99e9da6202_s



また効果と効能は美容や健康に良いので気になる方は見てください。

まずはパプリカの栄養の効果と効能について説明して、次に赤と黄色でどのような違いがあるのか解説したいと思います。


パプリカの栄養


少しピーマンと似ていますが苦味が少なく子供でも食べるのが良い所で、ビタミンCを多く含んでいる事から美容に効果的な効能を持っています。

そのため髪が綺麗になったり、肌を潤わせる栄養を持っています。

しかし、通常ビタミンCは加熱調理に弱いため壊されてしまいますが、パプリカはこのケースとは違い「ビタミンP」で壊れにくくする事が出来るのです。

そのため加熱料理を加えてもビタミンCが崩れず摂取出来ます。

ビタミンPは壊れにくくするだけでなく抗酸化作用を減少させる効果を持っているので、体の老化を防いだりする効能があります。

また副作用がないため食べ過ぎてもあまり問題がない点が良い所です。

血流を良くする効果があるので、糖尿病や高血圧を防ぐ事や体温を調節する事が出来るため健康の悩みを持っている人は積極的に食べるのがお勧めです。

アレルギーを抑制する効能を持っているので、子供に食べさせるのが良いです。

さらにカロチンという栄養で癌を防いだり、免疫を良くする作用を持っているので、健康に良いため日頃から食べると良いです。


スポンサードリンク


パプリカは赤と黄色で成分に違いがある!?


日常的に気になるのはパプリカの赤と黄色など種類がありますが、栄養に違いがあるのか気になりますよね。

実は赤と黄色で効能と効果に大きな違いがあるので、今から説明します。

まず赤パプリカは「カプサイシン」という唐辛子にも含まれている赤い色素を持っており、この成分は強い抗酸化作用をもっています。

またコレステロールを排出する効果を持っているので、ダイエットに有効です。

コレステロールが取り除ければ高血圧による糖尿病や脳梗塞の予防となり、新陳代謝を良くする効能がある事から冷え性を防ぎぐ事が出来ます。

それだけでなく食欲を増進させて疲れを取る効果があります。

次に黄色のパプリカですがこちら赤ほど栄養がないのですが、ビタミンCによってシミやソバカスを防ぐので夏に食べると紫外線を防げてお勧めです。

オレンジパプリカは3種類の中で最も栄養素が高いです。

赤のパプリカはピーマンの2倍のビタミンCを持っていると言われていますが、オレンジは3倍の量を含んでいるため美容にとても良いです。

さらにβカロテンはピーマンの20倍以上とされています。

抗酸化作用が強いため体の老化を防ぐ効果が高く、ビタミンEで体を若返らせる効能があるため一番お勧めできます。


スポンサードリンク



パプリカの栄養を高める食べ方


食べる時に迷うのがどうすれば栄養を高めて効果と効能を上げるのか迷うと思いますが、一番良い調理法は油で加熱調理する事です。

この方法がパプリカのβカロテンの吸収率を上げる事が出来ます。

βカロテンには抗酸化作用があるため、豚肉や牛肉などの脂を持っている食べ物と一緒に摂取する吸収率を上げるのに有効です。

しかし、脂を使ったら太るという悩みが増えてしまいます。

そこで美容に有効な効能を持っているオリーブオイルを使用して、パプリカを炒めるのが良いので、こちらを使えば健康的になれます。

ですが摂取し過ぎると体に悪いので控えるようにしましょう。

ちなみに赤や黄色のパプリカの中でも一番赤パプリカが甘味が強いので、料理を作る時に味をイメージして作ると美味しいものが作れます。

以上でパプリカの栄養と効果と効能について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ