ゴーヤジュースの効果と効能!苦くない作り方とは

沖縄の人が良く食べるゴーヤはとても健康に良く、中でもゴーヤジュースは手軽に飲めて美容の効果と効能が素晴らしいです。


7fee8816eeea47338e15c8eb415df814_s

ここではお勧めの摂取方法と飲んだ時の作用について教えます。

まずはゴーヤジュースが体にどのような効能を持つのか説明して、次に有効な摂取方法と作り方を教えたいと思います。


ゴーヤジュースの効果と効能


近代では生活習慣病の予備軍の方が増えており、主に高血圧、肥満、偏った生活、運動不足などが大きな問題とされています。

ゴーヤジュースはこれらの悩みを改善するのに有効な効能を持っています。

まずゴーヤのあの苦味は「モモルジジン」と呼ばれ、腸内を刺激して便秘を改善するだけでなく予防する効果を持っています。

そのため中性脂肪を取り除き、肥満や高血圧に有効です。

さらにゴーヤジュースにはビタミンCやカロテン類がかなり含まれているため、高血圧、高コレステロール、高血糖などの改善に繋がります。

また紫外線を防ぎ綺麗な肌を作るため女性にもお勧めです。

シミやソバカスを防いでくれる効能を持っており、ゴーヤジュースの利点は生である部分で、ビタミンCは加熱すると壊れるためジュースにするのはとても良いです。

食物繊維が多いのでダイエットをしたい人にもお勧めです。

夏になると夏バテをする人が多いですが、そんな時にゴーヤジュースの効果は有効で、食欲を増進して胃腸の荒れを修復する作用も持っています。


スポンサードリンク


ゴーヤジュースの作り方


今から簡単で苦味がないゴーヤジュースの作り方を紹介するので、興味のある人は作ってみて是非飲んでみてください。

ゴーヤジュースの作り方

材料(2杯分)

ゴーヤ      4分の1本
バナナ      1本
牛乳または豆乳  200~250㏄

1 ゴーヤを綺麗に水で洗い半分に切ってワタを取り除きます。
2 バナナとゴーヤをミキサーに掛けやすいサイズ(大きくても良い)に切ります。
3 全ての材料をミキサーに入れて1分混ぜて完成です。

以上でゴーヤジュースの作り方は終わりです。

このジュースは氷を入れて冷やした方が美味しいため、氷を入れているのですが、注意点としては早めに飲む事が大切です。

なぜならゴーヤジュースは時間が立つにつれ苦味が出るからです。

また砂糖を増やして甘味を増やそうとする場合も味がしつこくなるため、バナナの量を増やすなどして調節するのが良いです。

バナナ以外のフルーツを混ぜても美味しくないので、止めた方が無難です。

実はゴーヤに含まれているワタの部分は栄養が豊富なため、もし飲んでみたいという方はミキサーに一緒に変えて飲むと効果と効能が上がります。

実際にわたの部分を食べる人もいるので、おかしい事ではありません。


スポンサードリンク



ゴーヤジュースの有効な飲み方


効能と効果を上げるために有効な飲み方は食後に飲む事がお勧めで、この飲み方なら血糖値を抑える事が出来て有効です。

また1日3杯まで飲めば充分なのでそのようにしましょう。

ゴーヤジュースは脂肪燃焼効果があるため、飲んで30分後にウォーキングなどの運動をするとダイエット効果がとても大きいです。

ちなみにウォーキングは早歩きですると脂肪燃焼作用が大きいです。

糖尿病の方や疲れを感じている人にも有効なので、疲労回復をしたい人は店でゴーヤを買ってすぐに飲むと良いですよ。

ちなみに筋肉を増やす作用があるので、太りにくい体質を送る効能があります。

そのため筋肉質になりたい人は毎日飲むのが良く、運動しなくても痩せる事が出来ると言われているほどダイエット効果が高いのでそうしましょう。

ゴーヤジュースの効果と効能は以上となります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ