鼻血の原因は疲れ?寝起きに出る理由とは

授業を受けている時や仕事中に突然鼻血が出るのはとても困りますが、何が原因で出るのか気になる方に詳細を教えたいと思います。


d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s

対策方法や止血法も教えるので、是非見てください。

最初に鼻血の原因は疲れによるものか説明して、次に寝起きや仕事中に突然出る理由について解説したいと思います。


鼻血の原因


人の鼻にはキーゼルバッハ部位と呼ばれる部分があり、ここは粘膜が薄いので少し刺激すると鼻血が出る事は多くあります。

さらにストレスや疲れでこの血管を弱めて出る事もあります。

子供は元々鼻の粘膜が弱いのに対して大人は強いため、大人が鼻血を出すというのは病気にかかっている危険信号と言えます。

または高血圧、疲れ、ストレスなどの要因である場合が多いです。

疲れている時はストレスで血圧が上がる事で鼻血が出る事もあり、疲れが原因で貧血となって食欲減退や寝不足なども関係してきます。

寝起きの場合は空気の乾燥や血圧が関係している病気の可能性があります。

寒い季節は空気が乾燥しているため窓を開けた状態のまま寝ると粘膜が空気で傷付いて鼻血が出る事があり、寝起きに出る場合は脳梗塞の可能性もあります。

3日に1回の鼻血や30分以上止まらない場合は病気が関係している事があります。


スポンサードリンク


鼻血が出る病気


疲れているわけでもないし高血圧でもないという場合は、病気の可能性が高いので以下の病気が発症している可能性があります。

鼻血が出る病気

副鼻腔炎
アレルギー性鼻炎
白血病
花粉症
悪性腫瘍
糖尿病
血小板減少病

以上が該当する病気なので覚えておきましょう。

高血圧の方はこれらの病気と関わりが深いため特に注意が必要で、大人の30分以上の鼻血は病気の可能性が高いため早めに耳鼻科に行きましょう。

最近は生活習慣病も発症率がこれらと大きく関係しています。

例えば偏った食生活、ストレス、酒の飲みすぎ、暴飲暴食、不規則な生活なども原因となるのでこれらにも注意が必要です。

特にこれらは糖尿病の発症原因となるので気を付けましょう。

寝起きに出る理由は睡眠中は血管が広がっているため鼻血が出やすく、寝ている際に鼻をいじって出てしまうこともあるので注意が必要です。

疲れている際は寝れなくても横になっていると体が休まるのでお勧めです。


スポンサードリンク



鼻血を予防する方法


原因が分かってきたと思うので次に鼻血を予防する方法を紹介するので、以下の事を試して生活してみる事をお勧めします。

鼻血の予防法

ビタミンCを日頃から摂取する
水を小まめに飲む
寝る前に水を一杯飲む
タンパク質を摂取する
納豆やオクラを食べる

以上が鼻血を予防する事が出来る方法なので実践しましょう。

ビタミンCは傷付いた血管を修復して疲れを取る作用があるため積極的に摂る事が大切で、血流を良くするため水を1時間1回飲むと良いです。

特に睡眠中は水分不足なので寝る前にコップ1杯分は飲みましょう。

タンパク質は血管を強くしてくれるのでお勧めで、特に青魚であるアジ、サンマ、サバは良質なタンパク質が多いので食べる事をお勧めします。

納豆やオクラは鼻の粘膜を強くして外部からの刺激を強くしてくれます。

これはねばねば成分のムチンによる効果で、アレルギーや花粉症などから身を守る能力も高くなので、花粉シーズンには特にお勧めできます。

以上で寝起きの鼻血の原因と疲れの関係について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ