鼻血の原因は大人で少量や大量どちらも危険!?

大人になって鼻血が出る人は病気に掛かっている可能性があり、少量や大量で原因は違ってくるので詳細を説明します。



世間で良いとされる血の止め方も実は間違っているので正しい方法を教えます。

まずはなぜ大人に鼻血が出てくるのか原因について説明して、少量と大量でどのような病気が絡んでくるか解説します。


鼻血が出る大人の原因


まずチェックするべき点は鼻を指でほじった場合、または空気が乾燥しやすい冬や秋に窓を開けっぱなしにして寝た方は鼻の粘膜が破れて出た可能性があります。

この二つに該当せず突然出てきたという場合は重症の可能性があります。

子供は元々鼻の粘膜が丈夫でないためすぐ鼻血を出すので問題ないのですが、大人は粘膜が丈夫なため鼻血が出るのを軽視する事が出来ません。

基本的には大人の原因は動脈硬化や高血圧またはストレスの可能性があります。

動脈硬化や高血圧が原因の場合は中々鼻血が止まらない傾向があるため、そちらで原因を判断するのが良いと思います。

これらが原因の場合は改善のため運動や食事療法をしましょう。

またストレスを感じた時にそのホルモンに対抗するため、ビタミンCが消費されるのでこちらが原因で血管が脆くなって鼻血が出る事もあります。

その場合はビタミンCを摂取していくのが良いと思います。


スポンサードリンク


鼻血は大量でも少量でも危険!?


実は大人の鼻血の原因となる病気は結構多いため、ここで症状が出る病気を上げるので是非見てください。

鼻血が出る病気

糖尿病
血小板減少病
白血病
副鼻腔炎
悪性腫瘍
アレルギー性鼻炎

以上が大人が鼻血を出す原因となる病気です。

どれも意外と身近な病気のため発症する可能性は充分あり、鼻血が少量出る場合や大量に出る場合でも注意しなければいけない事があります。

それは鼻血の出る頻度で、3日に1回出る人は上記の病気が関係する事があります。

また少量や大量など血の量に関係なく、30分以上続く場合は危険性が高いので、一度耳鼻科に行って診察してもらった方が良いと思います。

1~3月は花粉症の時期のためこの時期は出やすい傾向があります。

そのため花粉症が原因である事もあるため、そちらも確認しながら対応して、止まらない場合は白血病の可能性が高いので注意しましょう。

花粉シーズンにはマスクやゴーグルをして外出する事がお勧めです。


スポンサードリンク



鼻血を治す方法と対処法


まず鼻血が出てしまった時は上を向かずに椅子に座って、少し下を向きながら親指と人指し指で小鼻の部分をつまんで止血するのが良いです。

ティッシュを詰める時はなるべく変えない方が良いので、一度で済ませます。

しかし、ティッシュが血で濡れる場合は変えるのが良く、ティッシュを詰める時は優しく丁寧に入れると鼻の粘膜に優しいです。

ちなみに首の後ろをトントン叩く人はいますがあれは効果がありません。

鼻血が出る原因は毛細血管が傷ついて起こる事が基本なので、その場合は修復してあげるのが改善方法なので修復効果を持つ食べ物を教えます。

鼻血を治す食べ物

納豆、オクラ、レンコン、山芋
もずく、モロヘイヤ、めかぶ
ししゃも、あじ、さば、卵、チーズ
ブロッコリー、レモン、キウイ

以上が粘膜を強くしてくれる食べ物なので食べるようにしましょう

ムチンと呼ばれる成分が粘膜を強化する効果があり、ビタミンCが毛細血管に良い影響をもたらせるので積極的に食べましょう。

以上で大人の少量と大量の鼻血の原因について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ