ゴーヤ茶の効能と効果!副作用の危険とは

最近ゴーヤ茶と呼ばれる様々な病気の予防にもなると言われている健康に良いお茶があるそうなので調べてみました。



ここでは効能と副作用を説明するので気になる方は見てください。

まずはゴーヤ茶がどのような効能を持つのかを解説して、次に副作用を教えるので飲み方に注意するようにしましょう。


ゴーヤ茶の効能と効果


沖縄では苦瓜と呼ばれている太陽を浴びて出来た野菜ですが、沖縄の住人が長寿とされているのはゴーヤを食べているからと言われるほど健康に良いです。

特にビタミンCの含有量はかなり多いため、美肌を作るのに有効です。

今からゴーヤ茶の効能と効果を紹介するので、健康になりたい人や美しくなりたい人はじっくり見る事をお勧めします。

ゴーヤ茶の効能と効果

ビタミンで綺麗な肌を作る
脂肪燃焼効果を上げる
糖尿病や高血圧を防ぐ
紫外線から肌を守る
塩分を排出する事が出来る

以上がゴーヤ茶の効果と効能となります。

ゴーヤ茶には「リノレン酸」と呼ばれる脂肪燃焼成分含んでおり、摂取後にウォーキングなどをすると痩せやすくなります。

そのためダイエットに有効な効果と効能を持っています。

ゴーヤ茶にはカリウムが含まれており、この成分は余分な塩分を排出する効果があるため血圧を抑えて糖尿病や高血圧の予防となるのです。

またビタミンCで紫外線を予防する事が出来ます。

ゴーヤ茶の効能と効果を生かしてダイエットをする場合は、飲んだ後の30分後から運動すると脂肪を燃焼しやすいのでお勧めです。


スポンサードリンク


ゴーヤ茶の副作用とは


実際に飲んだ事がある人にしか分からない副作用ですが、ゴーヤ茶の場合は嬉しい事にその副作用がないので多く飲んでも問題ありません。

しかし、食物繊維が多く含まれているため飲み過ぎは止めましょう。

1日に3杯飲めば充分だと思うのでそのようにして、ゴーヤのワタが入っている場合は効能や効果が高いのでそちらを選びましょう。

苦いイメージがありますが、苦くないように作っているゴーヤ茶もあるようです。

副作用は基本的にはありませんが、飲むとアレルギーを引き起こす人もいるたえゴーヤに免疫がない人は飲まない方が良いと思います。

そのような人は青汁を飲む事をお勧めします。

ゴーヤ茶は健康にとても良いのですが、やはりこれだけ飲むのも体が持たないのでたまには違う飲み物を摂取するようにしましょう。


スポンサードリンク



ゴーヤ茶の作り方


効果と効能が分かったと思うので次に簡単なゴーヤ茶の作り方を紹介するので、作りたい人は是非見てください。

ゴーヤ茶の作り方

材料
ゴーヤ 1本
熱湯  200㏄

1 まずゴーヤを包丁で半分に切って種とワタを取り除きます。
2 次に少し太めの千切りにします。
3 干し綱に千切りしたゴーヤを入れて天気のいい日に2日間干します。
4 干したものを香ばしい香りがするまで炒める
5 炒めたゴーヤを急須に入れて熱湯を注いで完成です。

とても簡単に作れるのでこの方法を試すのがお勧めで、日光に当てるほど効果と効能が上がるので日が照っている時に干すのが良いです。

冬などの寒い時にはやりにくいのでこういう時は注意が必要です。

苦いと思われがちですがあまり苦味は残っていなくて、番茶のような味がして美味しいと好評なので飲んでみる事をお勧めします。

以上でゴーヤ茶の効果と効能について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ