急性心筋梗塞の前兆と予防方法について

最近は食の欧米化によって食事が偏っている事が原因で急性心筋梗塞などの病気にかかる人もいるため前兆について教えます。


該当する方は早めに病院に行き対処する事が大切です。

まずは急性心筋梗塞について説明して、前兆や予防方法を教えていくのでこれらを利用して対処するようにしましょう。


急性心筋梗塞とは


この病気は心臓に送る血液が高血圧などによる動脈硬化で送りづらくなり、血液に含まれている栄養と酸素が足りなくなって心筋が壊死する病気です。

最近では生活習慣病で発症する人が多くなっています。

3人に1人は全く前兆がないまま発症する事もあり、急性心筋梗塞はほとんど前兆がないとされているので特に良く見る事が大切です。

急性心筋梗塞と狭心症の違う点は胸痛の違いにあり、前者は30分以上の痛みが続き、後者が15分程で終わるのが特徴です。

そのため30分以上痛みが続く場合はすぐに病院に行く事が大切です。

急性心筋梗塞の死亡率は5~10%とされており、通常の心筋梗塞との違いは突然心臓の血管が詰まって血液が遅れずに症状が出るところです。

そのため日頃から健康に気を付けていなければ突然死する事もあります。

予備軍となる人は高血圧、運動不足、過度のアルコール摂取、暴飲暴食、肥満、偏った生活などに該当する方で急性心筋梗塞がいつ発症してもおかしくありません。

これらを改善出来るように生活習慣を改善する必要があります。


スポンサードリンク


急性心筋梗塞の前兆


今から急性心筋梗塞の前兆を説明するので予備軍に該当する場合はここでチェックしていくことをお勧めします。

急性心筋梗塞の前兆

吐き気がする
急に冷や汗が出る
呼吸困難
胸の痛み
顎の痛み
左肩の痛み
奥歯や歯の痛み

以上が急性心筋梗塞の前兆となります。

これらは突然起こるのが特徴で前兆が出やすい時は、入浴時、ストレスが溜まった時、トイレでいきこんだ時、感動的な気分の時などが出やすいです。

そのためこの時期には特に注意しておかなければなりません。

突然呼吸が出来なくなって冷や汗のようなものが出る場合は前兆で、異常な胸の痛みが続く場合も危険なのでこの場合は救急車を呼ぶと良いです。

それが無理なら早めに診察をする事で命を取り留める事が出来ます。

特に30代後半から急性心筋梗塞の発症率が急激に上がってくるため、まだ歳じゃないから大丈夫という考え方はあまり良くありません。

特に大声で怒ったりする時は前兆が出やすいのでストレスに注意しましょう。


スポンサードリンク



急性心筋梗塞の予防


今から急性心筋梗塞を予防する方法を幾つか紹介していくので、出来る範囲で良いので実践して発症を防ぐようにしましょう。

急性心筋梗塞の予防法

食べ物を噛む回数を増やす
水分を小まめに摂取する
食後に30分のウォーキングをする
夜食や間食などは避ける
酒や夜更かしは止める
野菜を食べるようにする

以上が急性心筋梗塞の予防となるので実践してみてください。

食事を取る際は出来れば30回は噛むようにすると消化を助けて、体にも良い影響を与えて血の流れを良くすることが出来ます。

血液は水分の80%で出来ているため摂取しないと血がドロドロになります。

運動をしている際でも1時間に1回は飲むようにして、ウォーキングは食後30分にすると全身に栄養や酸素を送る事が出来て血圧を下げる事が出来ます。

夜食と間食は非常に体に悪いので絶対に避けるようにしましょう。

野菜は毎日摂るのが難しいと思う人も多いと思うので、一番いい方法は納豆を食べる事でこれを毎日食べると血糖値にも良い影響がでます。

以上で急性心筋炎の前兆と予防について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ