ココナッツオイルの効能は認知症に良くてコーヒーにおすすめ

最近ニュースでも話題となる事があるココナッツオイルは認知症を改善する効能があるとされているので、詳細を説明します。



ここではコーヒーに入れるおすすめの量も教えるので是非見てください。

まずはココナッツオイルが認知症に効く効果はどれくらい有効な効能なのか説明して、次に1日の摂取量をやおすすめの摂取方法を教えたいと思います。


認知症の現状


南国ではココナッツオイルを摂取している人は不健康な人がいないとされるほど体に良い物で、現在増えている認知症にも有効です。

認知症は2012年では65歳以上の7人に1人が発症しています。

この病気が発症する理由は脳の栄養であるブドウ糖を作る事が出来ないのが原因で、通常は炭水化物をブドウ糖に変える事が出来ます。

ブドウ糖が無くなったら脳細胞が壊死していき、物忘れや老化が始まります。

治療する際は「ケトン食事療法」という方法が用いられており、これは炭水化物をほとんど摂取せずに脂質を多めに摂取する治療法です。

そうすると人間の肝臓にケトン体と呼ばれる成分を生み出します。

ケトン体はブドウ糖の代用となる効能をもっているため脳の栄養となりますが、高齢者が肉や魚ばかり食べるのは至難の業でした。


スポンサードリンク


ココナッツオイルの効能が改善に有効


認知症はココナッツオイルの効能が有効とされており、オイルに含まれている中和脂肪酸トリグリセリドという成分が脳に良いようです。

この成分は炭水化物の量や血糖値に影響されずケトン体になる事が出来ます。

本当にココナッツオイルは認知症に有効なのか疑問に思う方もいると思いますが、実際に物忘れが激しい高齢者にしりとりをやらせる研究をしました。

まずココナッツオイルは3~4時間後に効能が高いのでそれから始めました。

摂取する前は3語ほどしか単語が出なかったのに摂取させた後は、8個ほど出るようになりお子さんもとても喜んでいました。

実際に親御さんが認知症予備軍の場合は日頃から摂取させるのが良いです。

ちなみにココナッツオイルの効能はダイエット効果もあり、中和脂肪酸を排出してくれるので痩せたいと努力している人にもお勧めです。

美容にも役立つため是非活用しましょう。


スポンサードリンク



ココナッツオイルの摂り方


このオイルは基本的には液体で、24度以上になると溶けるので温かいコーヒーなどに入れて飲むと美味しく頂く事が出来ます。

それ以外にパンやリンゴに塗って焼くと美味しいそうです。

アイスコーヒーの場合はココナッツオイルが溶けないので注意して、カフェラテやブラックコーヒーに入れる時は小さじ1杯が良いようです。

しかし、味が薄いと思う場合は量を増やして問題ありません。

注意点としては急にココナッツオイルを沢山摂取するとお腹が緩む方が多いので、そこを気を付けて飲むと安全に頂けるため最初は少な目にしましょう。

コーヒーはミルクを入れるも良いですし砂糖を入れても構いません。

実際にココナッツオイル入りのコーヒーを飲んだ人の声はココナッツの風味がしてとても美味しかったという声が挙げられているのでお勧めです。

以上で認知症に有効な効能について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ