ココナッツオイルの効能は肌に良くてうがいが出来る!?

最近ココナッツオイルが話題となっていますが、実は効能が肌に良くてうがいなどをすると大変良い効果を発揮すると判明しました。


そこでどのような効き目があるのか、ここで説明したいと思います。

まずはココナッツオイルの効能が肌に良い理由について解説して、次にうがいの効果と摂取方法をを教えたいと思います。


ココナッツオイルと肌の関係


肌に優しいとされるココナッツオイルの効能は「ラウリン酸」と呼ばれる母乳の免疫と似ている性質を持っているため、摂取すると免疫が上がります。

そして、肌荒れやアトピーだけでなく、感染症なども防いでくれます。

肌が荒れている人やアトピーの方に効果的で、化粧で荒れてしまっている人にもココナッツオイルは有効で、乾燥を防ぎ潤う皮膚にしてくれます。

通常の薬局で売っているものより、優しい性質なのでお勧めです。

ココナッツオイルは腸を刺激して排便を促す効能があるため、便秘を改善する事にも期待出来るのでこちらの作用で肌が綺麗になります。

さらに体内にある中和脂肪酸を燃焼させる効果があります。

胃腸の中の荒れや炎症を治療する効能もあり、胃に負担を掛けない性質のため腹の調子が悪い時に飲むと効果があります。

毎日大さじ1杯ココナッツオイルを飲むとアトピーの改善に有効です。


スポンサードリンク


ココナッツオイルのうがいとは


「オイルプリング」と呼ばれるココナッツオイルでうがいをするという方法があり、これをすると口の病原菌を除去する効能があるそうです。

主に虫歯、歯肉炎、口臭、歯周病などや口内の毒を吐き出す作用もあります。

やり方はココナッツオイル大さじ1杯を用意して、それを口に含んで15~20分うがいをするのが方法となります。

食事が終わってうがいをするとあまり効能が発揮されにのでそれを避けて、最後は水を口に入れてぶくぶくうがいをしましょう。

ちなみにホワイトニング効果もあるそうです。

実際にココナッツオイルでうがいをした人は15~20分するのは難しいという意見を挙げており、オイルを口に含むのにも抵抗があるそうです。

オイルでする事に抵抗がない人にはお勧めできる方法と思います。

うがいは口の中の病気を予防するだけでなくほうれい線や肌を綺麗にするため、こちらの方も綺麗にしたい人には良い美容法です。


スポンサードリンク



ココナッツオイルで肌を綺麗にする方法


肌を綺麗にするためにはココナッツオイルの効能を使った方法が有効で、化粧水を塗り終わった後にオイルを顔に塗ると良いです。

通常はドロドロしていますが24度以上になると溶けるので問題ありません。

この方法は古い角質を取る効能があり、スプーン一杯分くらいを皮膚の体温で溶かしながら塗っていき、多めに塗ると効果が高いです。

入浴する前にココナッツオイルを塗って1時間経過して入ると角質が取れます。

ちなみに肌が炎症を起こしてヒリヒリしている場合でも入浴後にこのオイルを塗ると通常の皮膚に戻るためお勧めできます。

アトピーや顔の肌が荒れている人がやっても問題ないので安心してください。

エクストラバージンココナッツオイルがお勧めできるので、使う際はこちらを使うのが良くミランダカーも愛用しているので効能は高いと言えます。

以上で肌とうがいについて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ